カテゴリ:ブラック&ホワイトとウッドな平屋( 1 )
ブラック&ホワイトとウッドな平屋①(完成間近!)
気候の変化についていくのがやっとなこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

完成までもう少しの現場をご報告!

今回の敷地では、東側に斜面があるのでそこを利用して石積みからスタートしました!
鹿沼市下粕尾の大きな石(石に疎くてすいません…)を、職人に積んでもらいました。

緑を入れるスペースや庭からの景観を考え、立体的に積むのが、シンプルながら難しい作業だそうです。

c0220930_09282549.jpg
c0220930_09282536.jpg

間取りのお打ち合わせでは、敷地に合わせ平屋や二階建てなど色々なパターンでいくつも検証しましたが、土地が広いこともあり平屋でGO!
c0220930_09410822.jpg
c0220930_09410821.jpg
c0220930_09435360.jpg
基礎が完成し床下の給排水の配管を組むと、大工工事がはじまります。

c0220930_09441103.jpg
弊社ではどの住宅でも、土台、柱は4寸角(12cm)の桧、梁桁などは杉を使用して建てています。

シロアリや湿気の影響を受けやすい土台には、予め薬剤を加圧注入した桧を使用しています。(薄いグリーン色)
c0220930_09441030.jpg

c0220930_09441193.jpg
ホゾもつけ組んでいきますが、金物でも固定していきます。
c0220930_09441152.jpg
工事が進みますと、大工棟梁に上棟式を行ってもらいます!
c0220930_09501647.jpg
上棟式の際は祭壇に棟礼を掲げます。
表側は“天長地久”など書いてもらいますが、裏側には構造材の産地(鹿沼市西方町真上)とお施主様ご家族の手形も!

こちらは、屋根裏の一番高い棟木に取り付けます。
c0220930_09501664.jpg

c0220930_09545207.jpg
今回は、屋根の勾配の関係もあり、軽いガルバニウムで噴きました。
狭いところも雨が入らないようしっかり施工!


c0220930_09563745.jpg
c0220930_10080878.jpg
c0220930_09563764.jpg
c0220930_09501652.jpg
お施主様のご希望で、断熱材はアイシネンという吹付断熱を施工しました。


設備を積んだトラックから材料を吹き込みます。
玄関や窓も目張りして施工します。
c0220930_10032092.jpg

c0220930_10023228.jpg

c0220930_10023381.jpg
c0220930_10023367.jpg
吹付けも厚みを見ながら施工していきます。
盛り上がったところは、大きな刃物で削ぎ落としていきます。
c0220930_10023283.jpg
c0220930_10023382.jpg
断熱工事が終わると、また大工工事が再開です。
壁の杉板や天井ボード、床、建具枠など施工します。

c0220930_10091323.jpg
開放的なリビングの勾配天井!
大きな梁が存在感アリマス。
c0220930_10091357.jpg
c0220930_10091324.jpg
リビング前に下屋には桧を施工しました。
綺麗な木目が◎
c0220930_10091363.jpg
樋をかけ終わると、足場も撤去し、全容が!
c0220930_10154367.jpg
c0220930_10154251.jpg
TVやオーディオ用に電気業者に配線してもらっています。
c0220930_10154353.jpg
キッチン上の天井は真っ赤!
ビビビットなナイスアクセント!
c0220930_10154301.jpg

今後は漆喰壁やクロス工事、造作関係工事がはじまります!
また完成致しましたらご報告致します。次回乞うご期待!

以上

[PR]
by tochimou | 2018-07-27 10:20 | ブラック&ホワイトとウッドな平屋