招き屋根と小屋裏のある家②(大工工事)
台風の驚異に毎週末脅かされるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?
被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
また皆様の安全と復旧を心よりお祈り申し上げます。

************************************************

この度お施主様のご好意で、こちらのお住まいで完成見学会を開催させて頂ける事になりました!

お施主様のこだわり数々と職人のワザを是非実際にご覧ください!
日時は、11月3日~5日(土日月) 9時~16時です。
場所等詳細は、再度ご案内致します。
(詳しい案内をご希望の方はお気軽に電話でもメールでもお問い合わせください!)

工事の進み具合といいますと、もう少しで大工工事が終わり、仕上げ工事に入っていきます。

外部は足場が取れて、軒裏の天然木もバッチり見えてきました!
c0220930_19370500.jpg
c0220930_19370523.jpg
大工の床材の加工風景。
床材は24mmの杉を使用します。
天然木ですので、すべて木目や色味が違うので、完成時の見た目を考えながら、一枚一枚確認し施工していきます。
c0220930_19372444.jpg
c0220930_19370502.jpg
階段下も有効活用。
脇には7寸(12cm角)の化粧桧柱!
c0220930_19371312.jpg
玄関周りも色々こだわりを詰め込んでいます♬
ぜひ完成時をご期待下さい!
c0220930_19372463.jpg
屋根裏部分です。
構造上、梁が出てしまいますが、こちらもスペースの有効活用!
c0220930_19372423.jpg

今後はキッチンなど住宅設備が入ったり、漆喰の左官工事、クロス工事など仕上げが始まっていきます!

日光杉を使ったTV台も造作で作ったり、既存の建物で使用した扉も再利用したりと、“他にはない”が詰まっていますので、ぜひ実際にご体感ください!
お待ちしております。


以上

[PR]
# by tochimou | 2018-10-04 20:04 | 招き屋根の家
お寺本堂建築中!⑤(大工工事)
徐々に秋の気配が忍び寄るこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日はお寺の建築現場のご報告!

夏前に客殿が完成いたしまして、いよいよ本堂の建築に取り掛かっています。

客殿も迫力満点ですが、本堂では昔から続く木組の技と美学が凝縮!
奥が先日完成した客殿です。

c0220930_11250459.jpg
c0220930_11250427.jpg
壁がない状態ですと西洋の神殿にも通ずるような佇まい!
大きな桧の丸柱がそびえ立ちます。

c0220930_11250395.jpg

一般住宅とは全く違う工法と作業で圧倒されます。
作業工程も多く、複雑極まりないです…。

完成時の荘厳な佇まいをかもし出す装飾部分は、パズルの様にパーツを組み上げていきます!
c0220930_11250277.jpg
c0220930_11250303.jpg
c0220930_11250310.jpg
木鼻とう呼ばれる部分で、装飾が入ります。
c0220930_11250558.jpg
大工はじめ、各職人の魂のこもった本堂は来年完成予定です!

またご報告いたします。乞うご期待。

*********************************

11月上旬に一般住宅の完成見学会を鹿沼市で予定しております。
詳細が決まりましたら、ご案内致します!

以上

[PR]
# by tochimou | 2018-09-16 11:46 | お寺本堂建築中
招き屋根と小屋裏の家①(大工工事、外壁工事)
季節の変わり目を感じるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は現在建築中の現場のご紹介!

こちらは大正9年新築!!されたお住まいの建て替え工事です。

今回敷地に農地があり、その部分の測量や分筆、非農地など土地の整理から携わらせて頂きました。

c0220930_09210087.jpg
また、先代の思い出の建具や板があるという事で、そちらは新築時にもどこかで使用する予定です!

解体後、地鎮祭を執り行います。
お施主様ゆかりの神主様にお願い致しました。
c0220930_09233655.jpg
お施主様にも色々ご参加頂き、土地の神様に工事の報告をし、了解を得ます。
c0220930_08355503.jpg

いよいよ建物工事が着工いたします。

基礎ができると、建て方が始まります。

棟梁に大工の人数を集めてもらい、一気に屋根まで造っていきます!
c0220930_09234431.jpg
二階部分の床の骨組みです。
一階二階ともイゲタ状に組み上げ、この上に24mmのヒノキ合板+床材を施工しますので、たわんだりせず揺れにも強くとても丈夫です!
c0220930_09234454.jpg
c0220930_09234473.jpg
解りづらい写真ですが…、柱がきちっと水平垂直に建っているか確認、調整しながら作業を進めます!
c0220930_09234407.jpg
c0220930_09235294.jpg
屋根の下地材、野地板と呼ばれる部分にも本物の木を使用します。
湿気がこもったり、万が一の屋根からの水の浸入時にも、本物の木でしたら、更けたりせず安心です。
c0220930_09235358.jpg
瓦屋根の施工中です。
黒いアスファルトルーフィングという防水シートの上に、瓦を釘止めする下地を取り付けてます。
瓦一枚一枚、下地に止めますので、地震などの揺れでもずれたり落ちたりしません!
c0220930_09235243.jpg
屋根がかかった所で、上棟式を行います!
棟梁がおこなう四方固めのひとコマ。
c0220930_09235296.jpg
すっきり平板瓦です。
瓦の耐久性や遮音性、断熱性など性能は和瓦と同じですが、棟を積まないので崩れたりすることなく、メンテナンスも容易になります。
c0220930_09240283.jpg
外壁側の茶色ボードは、ハイベストウッドという構造用耐力面材です。
揺れを防ぎ、さらに丈夫なお住まいになります!
c0220930_09240220.jpg
グラスウールという断熱材を、壁、天井に敷き詰めていきます。
c0220930_09240367.jpg
こちらは屋根裏部分です!
構造上梁が出ますが、屋根裏のスペースを有効活用!
c0220930_09241090.jpg
ハイベストウッドに透湿防水シートを貼り、通気層を作り、外壁材を施工!
グッと完成に近づいた感が増します。
c0220930_09241819.jpg
もともとのお住まいで使用していた建具です。
新築にもどこかで使用します!
c0220930_09241952.jpg
床の下地には、24mmのヒノキ合板を使用しています。
弊社の山の桧を、宮城県の合板工場に持っていき加工してつくられます!

先日、弊社また柱や梁は、木材の強度の指針となるE値と含水率を示したSD値を記入しています。

柱や梁で強度にみたない材は、力のかからない下地材など他の箇所で使用します。
c0220930_09240346.jpg
c0220930_09240254.jpg
これから室内の壁など工事が進みます!
乞うご期待下さい!

********************

鹿沼市、栃木市等で建築最中のすぎ、ひのきの香りに包まれた現場もご案内できますので、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい!

info@tochimou.jp
0289-84-0036 (担当:おおさわ)

以上

[PR]
# by tochimou | 2018-08-31 08:52 | 招き屋根の家
お盆期間中の営業のご連絡
また暑い日々が続きそうなこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

お盆期間中のモデルハウスの営業日をご連絡致します。

■11日 土曜日 10:00~15:00
■12日 お休み
■13日 月曜日 10:00~15:00
■14日~16日 お休み

17日より通常営業致します。
(平日10:00~15:00、日曜日 9:00~16:00)

ご不便お掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

以上 

[PR]
# by tochimou | 2018-08-10 16:50 | モデルハウス
ブラック&ホワイトとウッドな平屋①(完成間近!)
気候の変化についていくのがやっとなこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

完成までもう少しの現場をご報告!

今回の敷地では、東側に斜面があるのでそこを利用して石積みからスタートしました!
鹿沼市下粕尾の大きな石(石に疎くてすいません…)を、職人に積んでもらいました。

緑を入れるスペースや庭からの景観を考え、立体的に積むのが、シンプルながら難しい作業だそうです。

c0220930_09282549.jpg
c0220930_09282536.jpg

間取りのお打ち合わせでは、敷地に合わせ平屋や二階建てなど色々なパターンでいくつも検証しましたが、土地が広いこともあり平屋でGO!
c0220930_09410822.jpg
c0220930_09410821.jpg
c0220930_09435360.jpg
基礎が完成し床下の給排水の配管を組むと、大工工事がはじまります。

c0220930_09441103.jpg
弊社ではどの住宅でも、土台、柱は4寸角(12cm)の桧、梁桁などは杉を使用して建てています。

シロアリや湿気の影響を受けやすい土台には、予め薬剤を加圧注入した桧を使用しています。(薄いグリーン色)
c0220930_09441030.jpg

c0220930_09441193.jpg
ホゾもつけ組んでいきますが、金物でも固定していきます。
c0220930_09441152.jpg
工事が進みますと、大工棟梁に上棟式を行ってもらいます!
c0220930_09501647.jpg
上棟式の際は祭壇に棟礼を掲げます。
表側は“天長地久”など書いてもらいますが、裏側には構造材の産地(鹿沼市西方町真上)とお施主様ご家族の手形も!

こちらは、屋根裏の一番高い棟木に取り付けます。
c0220930_09501664.jpg

c0220930_09545207.jpg
今回は、屋根の勾配の関係もあり、軽いガルバニウムで噴きました。
狭いところも雨が入らないようしっかり施工!


c0220930_09563745.jpg
c0220930_10080878.jpg
c0220930_09563764.jpg
c0220930_09501652.jpg
お施主様のご希望で、断熱材はアイシネンという吹付断熱を施工しました。


設備を積んだトラックから材料を吹き込みます。
玄関や窓も目張りして施工します。
c0220930_10032092.jpg

c0220930_10023228.jpg

c0220930_10023381.jpg
c0220930_10023367.jpg
吹付けも厚みを見ながら施工していきます。
盛り上がったところは、大きな刃物で削ぎ落としていきます。
c0220930_10023283.jpg
c0220930_10023382.jpg
断熱工事が終わると、また大工工事が再開です。
壁の杉板や天井ボード、床、建具枠など施工します。

c0220930_10091323.jpg
開放的なリビングの勾配天井!
大きな梁が存在感アリマス。
c0220930_10091357.jpg
c0220930_10091324.jpg
リビング前に下屋には桧を施工しました。
綺麗な木目が◎
c0220930_10091363.jpg
樋をかけ終わると、足場も撤去し、全容が!
c0220930_10154367.jpg
c0220930_10154251.jpg
TVやオーディオ用に電気業者に配線してもらっています。
c0220930_10154353.jpg
キッチン上の天井は真っ赤!
ビビビットなナイスアクセント!
c0220930_10154301.jpg

今後は漆喰壁やクロス工事、造作関係工事がはじまります!
また完成致しましたらご報告致します。次回乞うご期待!

以上

[PR]
# by tochimou | 2018-07-27 10:20 | ブラック&ホワイトとウッドな平屋