小屋裏に部屋のある平屋①(基礎工事、大工工事)
師走感がじわりじわり迫り来るこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

9月頃から着工し、現在室内の大工工事が進んでいる現場をご報告!
今回は平屋のような外観で屋根形状をかえ、小屋裏のようなお部屋を設けた間取りです。


基礎工事と並行して、合併浄化槽と宅内処理槽も設けました。
c0220930_17144870.jpg
c0220930_17144958.jpg
c0220930_17144872.jpg
そして建て方!
土台、柱は4寸角(12cm)の桧材、梁や桁は強度に応じた大きさの杉材を使用します。
集成材は使わず、屋根の下地も本物の木で施工します。

屋根は一番寒暖の差を受け、雨風にさらされる所です。
長い生活の中で、万が一湿気が屋根裏にこもったり雨水の侵入があっても、本物の木ですと接着剤がふやけたりする心配がないので、弊社では手間はかかりますが本物の木を使用しています!

かなりの量の材木を現場に運び、組み上げていきます。
c0220930_17165087.jpg
c0220930_17165028.jpg
c0220930_17165002.jpg
c0220930_17170904.jpg
c0220930_17170910.jpg
骨組みが組み上がると、室内では下地を造り、断熱材工事に入ります。
今回はグラスウールでの施工です。

天井には高性能グラスウール16K、155mm、壁には90mmを充填していきます!
床は根太レス工法で、床の下地施工時に先に敷き詰めます。
c0220930_17171948.jpg
c0220930_17171893.jpg
広いリビングの天井は、完成時にも杉の梁組が見えます!
c0220930_17172074.jpg
外壁材を張る前に、外部にはハイベストウッドという構造用合板を張り、耐震性を向上させます!
c0220930_17171917.jpg
c0220930_17171919.jpg
今後は外壁材工事、大工工事が進みどんどんカタチになっていきます!
乞うご期待ください!

以上

by tochimou | 2018-12-04 18:03 | 小屋裏に部屋のある平屋
<< 薪ストーブと小上がりのある家①... 招き屋根と小屋裏のある家④(完... >>