木と漆喰の白い家(完成間近!)
心の半分がGWに突入しているこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか

昨年末から、土地の地盤上げ/擁壁工事からスタートした工事なのですが、いよいよ引渡しが近くなってきました。

完成しましたら、再度ご報告させて頂きます!

土地の測量、隣地の方の立会い、境界の設定、分筆登記、農地を宅地に変更手続きをしたのち工事に入りました。

もともとは道路側にフェンスと高低差があったので、まずフェンスのカット、地盤上げ工事をしました。

c0220930_11332505.jpg
c0220930_11331224.jpg

c0220930_11335976.jpg
c0220930_11340037.jpg
建物の荷重を面で支えるベタ基礎工事が進みます。
鉄筋を組み検査機関のチェックを受け、コンクリートを流し込みます。

c0220930_11345213.jpg
c0220930_11363163.jpg
c0220930_11373140.jpg
土台など湿気のこもる部分には、防腐防蟻の薬剤を加圧注入した材を使用します。
薬剤が材料へしっかり定着します!
c0220930_11373163.jpg
木と木が組み合わさる部分は、あらかじめ弊社のプレカット工場で加工し現場に搬入します。

基礎から出ているボルトを土台に通すのですが、こういった作業は現場で大工が進めていきます。
c0220930_11373275.jpg
c0220930_11374120.jpg
LDKの天井は、屋根の勾配とは異なる角度にし、梁が綺麗に見えるよう施工していきます!

また屋根の下地にも本物の木を使用し、屋根裏の湿気や万が一の水の浸入にも耐えれるよう考えています。

こうなってくると杉、桧のいい香りがここちよいです!
c0220930_11374137.jpg
c0220930_11424587.jpg
c0220930_11424508.jpg
今回の断熱材はグラウスール高性能16Kで施工しました。
c0220930_11424500.jpg

屋根は軽くて錆びにくいガルバニウム鋼板で施工しました。
お施主様のご要望で、ホワイトに。
弊社でホワイト色はおそらく初めて!
c0220930_11424579.jpg
外壁はニチハ窯業系サイディングです。
雨が直接当たらない壁には、本物の桧板で仕上げました。
いいコントラストで白も茶も映えます!
c0220930_11380838.jpg

c0220930_11380846.jpg
c0220930_11380878.jpg
LDKはこんな感じで進んでいます!
天井も杉板張りです。
c0220930_11380891.jpg
c0220930_11380870.jpg

c0220930_11375896.jpg
もうじき完成ですので、またご報告致します。

室内の造作板戸も現場監督とお施主様で色々打合せしていましたので、乞うご期待ください!


[PR]
by tochimou | 2018-04-19 12:17 | 木と漆喰の白い家
<< 軒の深い木の家①(欅枝打ち、基... 杉と桧と組子の家 (完成) >>