<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
街中の広々リビングハウス⑤(~完成)
年越しのカウントダウンが始まったようなこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

すっかり忙しさにかまけて、更新を怠ってしまいました街中リビングハウスですが、先日無事完成いたしました!
(ちなみに、“かまける”を漢字で書くと“感ける”だそうです。)

前回の続きから…。

外部に透湿防水シートを貼った上から、外壁材の下地をつけていきます。
この下地材と外壁材との間に通気層ができ、湿気や熱を逃がしていきます。

c0220930_17294678.jpg

室内では、断熱材を壁、天井に敷き詰めていきます。
床と壁の間には、緑色の気密シートを施工し、すきま風の侵入を防ぎます。

c0220930_17294728.jpg
c0220930_17294631.jpg
その後に、石膏ボードをはり、クロスの下地を造っていきます。
ボードを貼るのは大工ですが、ボードのビス穴や繋ぎ目をパテで埋めるのはクロス業者が行います。これをきちっと丁寧に行うと、クロスも綺麗に貼れます!

c0220930_17384853.jpg

c0220930_17384736.jpg
TV台取り付け風景です。
ビスが表に出ないように、工夫して取り付けます。
c0220930_17383631.jpg
その後、クロス工事、設備工事、電気工事となり完成です。

****

お施主様がこだわられた金属サイディング!いいアクセントになっています。
白い部分も2種類貼り分けています。

c0220930_17562720.jpg
c0220930_17591771.jpg
玄関からリビングの扉は造作した板戸。ちょっと変わったデザインで!
モデルハウスと同じデザインですが目を引きます。
ホールの床は桧で施工しました。

c0220930_18055531.jpg
キッチンから、対角の部屋奥まで見渡せますので、帖数以上の広さが感じられます!
c0220930_17564331.jpg
キッチンの前のダイニングスペースには、杉の圧縮材と造作照明!
杉を特別な機械で圧縮してもらった、質感あふれる材料です。

c0220930_18064019.jpg

c0220930_18064093.jpg
今回リビングには、大きめの桧の化粧柱を3本いれました。
天井の梁や杉の板壁もそうですが、日が経つにつれ深い飴色のような色目になってきます!

c0220930_18161463.jpg

トイレには階段下を利用し手洗器を。

今回杉板は腰までの高さで施工しました。

c0220930_17564364.jpg
各居室の壁にも杉板で、お部屋の湿度調節と癒し効果を。
ナチュラルな杉板と濃い目のクロスが合ってます!

c0220930_17564407.jpg
c0220930_17564434.jpg

お施主様にも何度もお打ち合わせさせて頂き、こだわり溢れたお住まいになったと思います!色々ご協力頂き、ありがとうございました。

今後も末永いお付き合いを続けさせて頂ければと思いますが、どうぞ宜しくお願いたします!

以上 

[PR]
by tochimou | 2016-12-27 18:35 | 街中広々リビングハウス
MODEL HOUSE 4号店⑧(建具工事、仕上げ造作工事、マキストーブ)
師走感に煽られるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

モデルハウス工事の更新が空いてしまいましたが、17日からのオープンに向けて、最終段階に来ております!

塗装やクロス、左官工事や設備業者の水栓関係の接続も終わり、薪ストーブや中庭の植栽など完成に近づいております。

まだ養生シートなどは完全には剥がしておりませんが、いい感じになってきました。

中庭には植栽が入り、これから照明もいれてライトアップする予定です。
c0220930_18544466.jpg
建具屋に造作板戸や収納の扉、TV台の扉など付けてもらいました!
生活感が出てきます。
c0220930_18543113.jpg

c0220930_18543298.jpg
c0220930_18543009.jpg
和室の収納扉は、これから襖のような柄を入れて完成になります。
ちょっと派手な感じをねらってます!
c0220930_18543160.jpg
まだ火入れを行ってませんが、薪ストーブも設置されました。
ちょっと小振りなお洒落なストーブです。

後ろは鹿沼の深岩石です。

弊社では、キッチンの腰壁や玄関周り、床タイルとして使ったり致しますが、お客様にも大変好評な材料です!

c0220930_18543153.jpg
c0220930_18542914.jpg
外部では、軒樋をつけています。
樋がつけ終わると外周りは完成です!
c0220930_18541475.jpg
そして、木を使った装飾壁は大工に造ってもらいます!
c0220930_18541438.jpg
TV台の後ろの壁にも、木を使った装飾を検討中で、弊社社長と大工で現場打合せ中。イメージをしっかり大工に伝えていきます!
出来上がりはお楽しみで…。

足元の床は、節ありの杉で施工しました。
今までは節無し杉床でしたが、木の雰囲気を出すのに敢えて節ありで。
木の床をお考えの方に、目で見てお好みでお選び頂けるようにしました。

c0220930_18541327.jpg
明日、家具や家電が搬入され、いよいよ17日のオープンに備えます!

モデルハウスですので、17日-18日に限らず、いつでもご覧頂けますので、ぜひお待ちしております。

■栃毛木材工業 平屋モデルハウス4号店 NEWオープン!
■12月17日 9:00~
■栃木市大森町 ホームセンター コメリ大森店の100m南側

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
TEL 0289-84-0036
mail info@tochimou.jp

皆様のご来場心よりお待ちしております。

以上

[PR]
by tochimou | 2016-12-15 19:23 | モデルハウス
スキップフロアを囲む家④(大工工事、屋根工事)
お客様にお会いする時に風邪でマスク姿の方が多いこの頃ですが、皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?

更新が空いてしまいましたが、こちらの現場も順調に進んでおります!

現在は室内大工工事が進み、サッシが取り付けられ、屋根工事が始まりました。

屋根には、アスファルトルーフィングという防水シートが張られ、ガルバニウムの屋根材が上がりました。

c0220930_08231008.jpg
室内の大工工事は、床が張られ、天井の下地が組まれています。

前回載せましたホールダウン金物もこんな感じでガチっと基礎、土台、柱を繋ぎます。
c0220930_08235316.jpg


c0220930_08231187.jpg
細かな作業ですが、寸法を正確に測り、しっかり施工していきます!
c0220930_08231140.jpg
リビング脇に畳スペースがあるのですが、こちらは20cm小上がりになるので、それに合わせ根太もあげます。

この床や畳の下地の根太と呼ばれる少し緑色の材料も、ヒノキに防腐剤を加圧注入した材を使用し、湿気などにも耐えられる仕様にしています。
c0220930_08231175.jpg

2階の吹き抜けに設けられた9枚窓。
明かりをリビングまで届けるだけでなく、カチッとした印象を与えモダンな雰囲気になります♪
出来上がりが楽しみです!

c0220930_08231078.jpg

スキップフロア部分です。カタチになってきました!
ちなみに奥に写っているのが弊社社長です…。

定期的に各現場を確認し、お施主様目線と職人目線で、監督に支持を出していきます。

c0220930_08235270.jpg
毎回、上棟式時お施主様にお願いしていますヒノキの棟礼です!
屋根裏の高いところに取り付けます。

“天長地久”とは、天地の存在が永遠であるように、平和や幸せ、繁栄がいつまでも続くようにとの願った意味だそうです。

c0220930_08231256.jpg
ベランダの防水工事も始まりました。
雨が吹き込んでも大丈夫なように、立ち上がり部分も多めに防止処理を施します。

c0220930_08231293.jpg
今後は、外壁工事、室内の建具枠工事などが進んで行きます!
乞うご期待♬

************************

栃毛木材の新しい平屋モデルハウスが12月17日よりオープン致します!
プライベートな中庭とヒノキのウッドデッキなど木目の美しさや木の香りがふんだんにするモデルハウスです。

17日-18日は9:00~16:00まで。19日以降は10:00~15:00までご覧頂けます。

時間、日にちはご連絡頂ければいつでも対応致しますので、お気軽にお申し付けください。

場所:栃木市大森町457-11(コメリ大森店の100m南側)
電話:0289-84-0036
mail:info@tochimou.jp

どうぞ宜しくお願い致します。

以上

[PR]
by tochimou | 2016-12-06 09:00 | スキップフロアを囲む家
足利市粟谷の山 炭窯跡
街中よりも寒さが応える下永野(旧粟野)ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

日頃、栃毛木材ブログをご拝見頂き、誠にありがとうございます。

今日は、弊社住宅に使用している木の伐採現場からのご報告!

今回のネタは、足利市粟谷の炭窯です。

と言いましても、私もその珍しさと意味がさっぱりわからなくて…。

ちなみに、こんな感じです。

c0220930_17325869.jpg

c0220930_17325584.jpg

c0220930_17325663.jpg
昔は山で伐採した木をその場で土の窯をつくり炭にしていたそうです。

トラックも重機もない時代ですので、水分を多く含み重い木を、山の上で炭にし、軽くしてから背中に積んだりして、人力で山から降ろしていたようです。

そして、その山の木の伐採が終わると、その窯の役目も終了で、次の現場でまた炭窯を作るそうです。

中は、石など積んであったりして、ちゃんと“窯”になっています。

大体1m60cm位の窯になっていたようです。

c0220930_17325764.jpg
c0220930_17325827.jpg
この炭窯の跡は、獣の住処になっていることもあるようです。

むかーしむかしからある山には、色々な痕跡があるものだなと改めて感じました。

以上


[PR]
by tochimou | 2016-12-03 18:02 | 山の現場から
ガレージと中二階のある家②(上棟、大工工事)
師走感が徐々に増してきたこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

更新が空いてしまいましたが、こちらも順調に進んでおります!

土留、盛り土など土地の造成から始まりましたが、先日無事上棟致しました。

建築地の地盤が歩道よりも低かったため、擁壁を建て地盤を上げました。
雨水の侵入や、玄関の段差などバッチリです♪

c0220930_11050884.jpg
こちら側が車の侵入口です。
c0220930_11050992.jpg
建築地は市街化区域なのですが、水路等の関係で排水は浄化槽での対応となりました。
後で完成時の地盤高さに応じて、蓋の上端を決めるため、ジャバラのような形状でカットできるようになっています。
c0220930_11051982.jpg
現在主流の地震に強いベタ基礎です。
c0220930_11051949.jpg

c0220930_11173346.jpg
基礎の盤つくりが終わると、防水シートを地盤に引き、土壌からの湿気を防ぎます。
その後捨てコンと呼ばれる、枠を建てる外周にコンクリートを打設します。

c0220930_11173269.jpg
ガッチリと鉄筋を組んでいきます!
鉄筋が組まれた状態で、配筋検査と呼ばれる第三者機関にチェックしてもらいます。

完成まで要所で検査を受けますが、この検査を受けないと、完成後の瑕疵担責任保険に加入できない仕組みになっているので、お施主様には安心です!

c0220930_11053327.jpg
配筋検査が終わるといよいよコンクリート打設です!
c0220930_11054211.jpg
c0220930_11054332.jpg
立ち上がり部分も枠をつくり、コンクリート打設し、枠を外し、基礎の高さが揃っているかmm単位で確認し、基礎工事終了です。

そして大工が乗り込んできます!

弊社の標準ですが、土台・柱は4寸角のヒノキを使用し、針桁、屋根の下地はスギを使用しています。

集成材は使用せず、弊社所有の山林からの丸太を加工して使用しています。
構造材は、強度検査をクリアしたもののみ使用していますので、長い間も安心です!

c0220930_11061514.jpg

c0220930_11061433.jpg

c0220930_11061528.jpg
c0220930_11064584.jpg
中二階と吹き抜けの部分です。
c0220930_11064602.jpg
紙が巻かれている柱は、化粧柱で完成後も見えてきます。
壁に入る柱と同じヒノキですが、節がなく、カンナもしっかり掛け木肌をなめらかにしています。
また大黒柱として6寸も使用しています!完成時のお楽しみ♪

c0220930_11064589.jpg
屋根の下地も無垢材で!
年月が経っても、丈夫で水に強いので、万が一の雨の侵入にもバッチリです。
c0220930_11064335.jpg
床材の下地の合板も県産材マーク!
弊社のヒノキを宮城県で加工してもらっています。
c0220930_11064579.jpg

建物のカタチになりました!

今後は、板金工事や屋根工事、大工工事も進んで行きます。
キッチンやお風呂もお施主様のコダワリが満載ですので、乞うご期待!

以上



[PR]
by tochimou | 2016-12-02 11:47 | ガレージと中二階のある家