<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
MODEL HOUSE 4号店⑦(大工工事、塗装工事、外壁工事、塗装工事)
天気予報では雪マークがお目見えしましたが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

モデルハウスのご報告が空いてしまいましたが、順調に進んでおります!

こちらのモデルハウスの第一回完成見学会の日取りが決まりました♪
12月17日18日に開催予定です!
今回も新しい雰囲気の材を使い、中庭の魅せ方や薪ストーブもございますので、ぜひご期待下さい!

工事の方ですが、回廊部分も進み建物の全景があらわに…。
回廊部分も断熱材を入れ、遮音効果も向上させます。

c0220930_13531419.jpg
建物と同じサイディングをはり、中庭が全く見えなくなりました。

c0220930_13534563.jpg
気になる回廊の内側は…、
杉板を壁と軒裏に施工し、木目に囲まれる品のある空間に。

現在この板壁や柱に色を入れるかどうかで、ケンケンガクガク審議中です…。

c0220930_13531355.jpg

外壁が貼られると、継ぎ目から雨が入らないように弾性材料で埋めるコーキング工事になります。
すべての継ぎ目をマスキングテープで養生し、コーキングしていきます。

よく外壁のメンテナンスのお話が出ますが、このコーキング部分がどうしても紫外線や雨などで劣化してしまい、最初はゴムのような弾力があったのに、ぼそぼそとして切れてきてしまいます。

目安は10年くらいとは言われますが、日の当たり方などでずいぶん変わってきます。

c0220930_13514810.jpg

c0220930_13514917.jpg

c0220930_13514704.jpg
建物の内部もかなり部屋らしくなってきました!

畳スペースのヒノキ柱や鴨居、丸柱など和のテイストに。

c0220930_13535189.jpg
迫力のある、リビング天井。
c0220930_13535061.jpg
家事室や、居室などにも杉の板壁を施工します。
木目の癒し効果だけでなく、湿度調節もしてくれます。

c0220930_13535226.jpg
こちらは、サワラの柾目材。
桶などに使われるサワラは、水にも強い材です。
綺麗な光沢!!

c0220930_13535371.jpg
こちらはモイスとよばれる、調湿消臭効果のある材料です。
珪藻土を練りこんであるボードで、塗り壁のような温かみのある表情は出ませんが、コストを抑えながら機能はしっかり!

c0220930_13535467.jpg
室内も外部も、木が現れているところには塗装を施します。

モデルハウスはクリアな塗装で木肌の経年変化(年数とともに飴色になってきます)を感じられるような仕上がりにしますが、ブラウンで塗るととても落ち着いたシックな空間になったりと、色で雰囲気が全く変わってきます!

c0220930_13535292.jpg
リビング前にも木目が広がります!

c0220930_13534419.jpg
今後は、クロス工事、塗り壁工事、建具工事、植栽など進んで行きます。

建築中のモデルハウスは、工事中でも見学できますのでお気軽にお申し付けください。

完成まであともう少し!乞うご期待下さい!

以上 

[PR]
by tochimou | 2016-11-23 14:41 | モデルハウス
スキップフロアを囲む家③(大工工事)
朝晩の冷え込みが日に日に応えるこの頃ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

こちらの現場も順調に進んでおります!
大工工事がはじまり、先日、上棟致しました!

上棟式は、棟上げの日ではなく、日が良い日に改めてお施主様にもご参加頂き棟梁主導で執り行います。


c0220930_17535303.jpg

c0220930_17535265.jpg
屋根の垂木や野地板をのせる前の状態です!
一番高いところに水平に入る構造材が棟木とよばれます。

c0220930_17535249.jpg

基礎の上にのる土台と柱はすべて桧の芯材を使用します。
土台の色が緑なのは、防腐剤を加圧注入した桧を使用し、さらに耐久性を持たせています!

c0220930_17541650.jpg
屋根の軒裏部分です。
屋根は完成後も雨や紫外線など過酷な状況におかれますので、下地もベニアではなく無垢材を使用し、耐久性を向上させます!

c0220930_17541792.jpg
防腐剤の加圧注入材は、土台だけでなく、屋根や外壁の部分にも使用します。
c0220930_17535396.jpg
使用する合板も、弊社の山の桧を加工した、業界内で話題沸騰(たぶん)の栃木県産材合板!

c0220930_17541729.jpg
吹き抜け部分です。
大きめにとっており、開放感があります♬
c0220930_17541852.jpg
リビングの主役、スキップフロア部分です。
まだ想像ができませんが、これからどんどん作りこまれていきます♪

完成時には、リビングの吹き抜けとTV台、スキップフロアがかっこよくまとまってきます!

c0220930_17541487.jpg
お施主様のコダワリを120%カタチにできるよう工事を進めてまいりますので、乞うご期待下さい!!

以上




[PR]
by tochimou | 2016-11-18 18:19 | スキップフロアを囲む家
MODEL HOUSE 4号店⑥(大工工事、外壁工事)
風邪が流行っておりますが、皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?

職人の協力もあって、モデルハウス4号店はかなーーり早く工事が進んでおります!
最近は4人~の大工が毎日入っております。

このモデルハウスは隠れ家的な雰囲気を醸し出すために、黒系の窯業サイディングで施工しています。

近づくと木目も見えて、いい雰囲気です♬

c0220930_20501253.jpg
c0220930_20510247.jpg

c0220930_20501133.jpg
ウッドデッキの部分の軒裏も杉板で張りました。
黒系の外壁とナチュラルな木目がとても合います!
また、日が経つにつれて飴色になっていきますので、さらに深みが増してきます。
c0220930_20505794.jpg
c0220930_20505863.jpg
建物内では、床下地の桧合板の上から24mmの杉床を施工中です。

今回は節のない綺麗な木目ではなく、敢えて節ありの杉材を使用しています。
節埋めの手間はかかるのですが、より木っぽい雰囲気に仕上がると思います!

無垢材の床は、木の色や木目を見ながら張っていきますので、既製品の床材よりも神経を使います…。

c0220930_20505280.jpg
勾配天井部分にも断熱材、石膏ボードが施工されました。
高い天井でかなりの開放感♬

ちらりと見えているが薪ストーブの煙突です。
薪ストーブを炊いた時のいい木の香りも楽しみの一つです!

c0220930_20505334.jpg

道路側にある居室の壁には、吸音材を施工しました。(黒いシートの)
道路に面するところは、収納を設けたり、窓開口を小さくするなど設計でも気をつけていますが、さらにシートで音を防ぎます。

c0220930_20504564.jpg
今後は回廊部分の組立が始まりますので、より隠れ家感が醸し出されてくると思います。

今のところ完成は、12月中旬を予定しております♬
完成見学会のご案内状等ご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

また随時見学も出来ますので、お申し付けください!

メール info@tochimou.jp
電話 0289-84-0036


以上

[PR]
by tochimou | 2016-11-08 21:11 | モデルハウス
スキップフロアを囲む家②(基礎工事、設備工事)
朝晩の吐く息が白くなってきましたが、皆様、お風邪などひかれておりませんでしょうか?

こちらの現場では、現在基礎工事、設備工事が進み、もう少しで大工工事の建方が始まります。

コンクリート打設前の状態はこんな感じです!
この鉄筋が組まれた状態で、住宅瑕疵担保責任保険に加入する基準を満たしているか検査をうけます。

弊社では、住宅保証機構のまもりすまい保険に加入いたしますが、地盤調査の結果や、基礎の地盤からの高さ、鉄筋の量や配筋具合など検査員が来て、確認してもらいます!

ここでOKがでると、生コンの打設になります。


c0220930_08472399.jpg
こういった配管も、もちろん鉄筋を切断せずに、隙間を通して施工していきます。
c0220930_08473155.jpg
枠をばらすと綺麗な基礎が出来上がります!

大工工事の前に、設備業者にキッチンなどの排水や、吸水の配管をしてもらいます。
c0220930_08474077.jpg

c0220930_08474198.jpg

浄化槽設置の様子です。
浄化槽が入る深さまでほり、下をしっかりと転圧し固め、コンクリート盤を敷き、浄化槽をのせます。

そのあと、水をかけながら山砂をいれ、隙間がなくなるようにしっかりと固定します!

c0220930_08474114.jpg
浄化槽設置完了です。
あとは、完成時の地盤の高さを見ながら、蓋の下のジャバラ的なところで調整します。
c0220930_08474868.jpg
基礎の中に埋まっているボルトですが、この長いのがホールダウン金物といい、平成12年より木造建物で設置が必須になりました。

地震の時や台風の時に、柱が土台や梁から抜けるのを防ぐ必要不可欠な金物です!
ちなみに短いのは、アンカーボルトといい基礎と土台を固定しずれないようにします。

c0220930_08474735.jpg
今後は、大工工事がはじまります。
いよいよ家のカタチになってきます!

乞うご期待!

以上





[PR]
by tochimou | 2016-11-05 09:22 | スキップフロアを囲む家