<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
庭とつながるリビングのある家③(基礎工事)
梅雨時期が気になってくるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

更新が空いてしまいましが、順調に進んでおります!

もうすっかり土留工事も終わり、綺麗な擁壁が出来上がりました。
そして栃毛オレンジ看板も設置しております。

c0220930_21150177.jpg

外構の基礎部分が終わったので、今度はいよいよ建物の基礎工事になります!

しっかりと地盤を固めて、防湿シートを敷き詰め、鉄筋を組み上げ、ブロックであげます。

生コンを流す前に、瑕疵担保保証を受けるための第三者機関の配筋検査を受けます。
規定の間隔で鉄筋が組まれているか、結束されているか、コーナーなど鉄筋で補強されているかなど細かくチェックされ、合格だと生コンを流し込みます。

c0220930_21150069.jpg

c0220930_21150073.jpg

弊社では土台や柱は4寸角 12cmを使用しますので、基礎の幅は15cmで作っていきます。

c0220930_21243155.jpg





c0220930_21243108.jpg
数日コンクリートが固まるのを待ち、枠を外していきます。

中々見比べないとわかりづらいですが、15cm幅で基礎の立ち上がりを作っていますので、どしっとした安定感があります!





c0220930_21152433.jpg
玄関のタイル部分は、さらに砕石と生コンで高さをあげます。
c0220930_21152475.jpg

テラス部分の柱がくるところにも基礎を造ります。

今回、道路側にフェンスで仕切られた庭を設けます。
リビングからの眺めもありますので、お施主様がどんな庭を構想しているのか、楽しみです!


c0220930_21152430.jpg
基礎工事は、ここで終了です。
今後はいよいよ、足場をたてて、大工が入り土台や柱を組んでいきます!

乞うご期待ください!

*********************

■完成見学会のご案内■
6月11日(土) 12日(日) 9:00~16:00
鹿沼市で完成内覧会を開催致します。
今回は事前予約制とさせて頂きますので、ご希望の方には、案内状をお送り致します。

自社山林と自社製材・プレカット工場を持つ弊社ならではの、杉、桧をふんだんに使用した住宅です。また漆喰壁の雰囲気もぜひご体感下さい!

メール info@tochimou.jp
電話 0289-84-0036

お気軽にお申し付けください。
他にご質問なども、お気軽にどうぞ。

以上




[PR]
by tochimou | 2016-05-30 21:55 | 庭とつながるリビングのある家
大屋根の本格和室の家⑬(漆喰工事、電気工事)+見学会のご案内
汗ばむ季節の到来ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

ブログの更新が空いてしまいましたが、各現場天気にも恵まれまして、順調に進んでおります!

大屋根の家では、内部の仕上げ工事が進み、雰囲気が出てきました。

今回、お施主様のご好意で、完成内覧会を行なわせて頂けることになりました!
6月11-12日に完全予約制とさせて頂きます。(詳細はこのページの最後に!)


大工で貼ったボードの上に、漆喰やクロスを貼っていきます。
クロスの下地では、パテで凹凸をキレイに埋めています。

c0220930_10253332.jpg

漆喰も石膏ボードに塗っていきます。
こちらも下地塗りをして、本塗りに入っていきます。


c0220930_10253326.jpg

色も選べますが、粒の荒さも選べます。
そしてコテで様々な表情をつけていきます!
質感だけでなく、雰囲気もグッとでます。


c0220930_10225265.jpg

和室は、杉の天井にも相性抜群の京壁で仕上げていきます!
こちらもまだ下塗りの状態です。これから本塗りに入ります。

c0220930_10253295.jpg
畳部屋とリビングの仕切りに造作の扉が4枚入ります!
全て壁に引き込まれる扉ですので、実用的にも、木目の雰囲気も◎

c0220930_10225181.jpg

リビング前にもちゃんと下屋が出ますので、雰囲気も、日差し対策もばっちりです!

c0220930_10225280.jpg
玄関の下駄箱や、照明もこだわっていきます!
写真では伝わらない部分が多々ございますので、ぜひ完成内覧会で!

ご希望の方は、ご案内状をお送り致しますので、お気軽に下記アドレスよりお申し付けください。

info@tochimou.jp
(電話の場合 0289-84-0036)
大澤まで

開催日は6月11-12日の土日、鹿沼市で開催致します。
何かご不明な点等もお気軽にお申し付けください!

以上


[PR]
by tochimou | 2016-05-23 10:52 | 大屋根の本格和室の家
スギヒノキの平屋の家④(瓦工事)
GW明けの体に鞭打っている本日ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

先月末に建て方をしたスギヒノキの家ですが、工事は順調に進んでおり、現在大工工事と、屋根の瓦工事の真っ最中です!

軒先の瓦を施工中の様子です。
瓦は、一枚一枚下地に固定していきます。

c0220930_17381439.jpg
今回はシャープな印象の平瓦を使用します。

c0220930_17381440.jpg

軒裏は、木目の綺麗なヒノキ材!
まだ眩しいほどの色合いですが、時が経つとどんどん飴色に変わってきます。



c0220930_17381451.jpg

内部の方は、柱などの構造材が組まれたところです!

ちなみの弊社では、屋根の下地にもヒノキ材を使用しております。
長く使って頂く為に、合板よりも水分に強い無垢材で施工します。

養生紙で覆われている部材は、ヒノキを磨いた材で、完成時にも見えてきます。

c0220930_17381445.jpg

c0220930_17381489.jpg
土台・柱は4寸角ヒノキ材、梁や桁などはスギで施工します。

土台には、防腐防蟻剤を加圧注入していますので、若干グリーン色です。
屋根の瓦残や外壁を止める胴縁も加圧注入材を使用します。

c0220930_17381458.jpg

今後は透湿防水シートが外壁全体に貼られ、内部も天井の下地や断熱材が施工されていきます!
乞うご期待ください♫

以上 以上



[PR]
by tochimou | 2016-05-06 18:13 | スギヒノキの平屋の家
大屋根の本格和室の家⑫(大工工事・塗装工事)
ぽかぽか陽気のGWも折り返しですが、皆様、満喫されてますでしょうか?

大工工事も終盤になり、板壁や造作天井もカタチになってきました。

玄関の格天井と作成中の下駄箱です!
漆喰壁や照明がつくと、もっと雰囲気満点に。
c0220930_08394420.jpg

和室の天井も本物の杉板で竿縁天井に。
同じ木からの部材を使用し造ります!


c0220930_08394414.jpg


壁の腰板もホールと居室では変えております!
同じ杉材ですが、雰囲気が違います♫

こちらがホールの幅広の腰板。
c0220930_08394445.jpg

リビングの腰板です。
和室とリビングの柱は5寸(15cm角)を使用して、より柱の存在感を出しております!

c0220930_08394479.jpg

そして、こういった天井や腰板、外部の木のところには、すべて塗装を施します!
これで、乾燥や水を防いだり、汚れを防ぎます。



今後は、電気や左官、内装などの仕上げ工事に進んでいきます。

お施主様のご希望と、弊社の提案が入り混じった仕上げになるかと思います!
乞うご期待ください!

以上



[PR]
by tochimou | 2016-05-03 08:55 | 大屋根の本格和室の家
庭とつながるリビングのある家②(外構工事)
GWがスタートていることと思いますが、皆様、満喫されてますでしょうか?

先日地鎮祭を行いましたが、現在、建物の基礎に先行して、外構の土留工事からスタートしております!

高低差のある土地ですので、高い所の地盤に合わせることで、低い地盤の道路側の歩行者等と視線が合わないよう、また採光が取れるようにと考えました。


c0220930_09163112.jpg
c0220930_09163138.jpg
既存のアスファルトを重機でめくり、掘削し、土留擁壁のベース部分に鉄筋を入れ造っていきます。



c0220930_09162568.jpg

c0220930_09162531.jpg
養生期間をおきまして、立上がりの枠を組んでいきます。

コンクリートは想像以上に広がる力や浮力が強いので、しっかりパイプで固定し、枠が広がったり浮いたりしように専用の部材でがっちり固定していきます!

c0220930_09161888.jpg

c0220930_09241481.jpg
立ち上がりのコンクリートを打設しましたら、建物の基礎工事へと進んで行きます!
乞うご期待ください!



GWはお車での移動も多いかと思いますが、皆様安全運転で!

H28年 交通安全年間スローガン 一般部門A 内閣総理大臣賞

こんばんは 早めのライトで ごあいさつ

以上



[PR]
by tochimou | 2016-05-01 09:47 | 庭とつながるリビングのある家