<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
スギヒノキの平屋の家③(建て方)
GW間近でソワソワするこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

スギヒノキの平屋の家で建て方を行いましたので、ご報告致します。

ちなみに建て方とは、柱や梁桁など主要な構造材を組み立てることで、屋根の一番高い材木棟木をつげる上棟までの作業を指します。

この期間は、主に建築を担当する大工だけでなく、仲間を呼んでもらい4~5人で手際よく行います。


c0220930_18020936.jpg

下の写真は分かりづらいですが、柱の垂直を出して仮の筋交いで固定しているとこです。


もちろん全部の柱が垂直にならないといけないので、正確にかつ手際よくやらないといけない重要な作業です。


c0220930_18020951.jpg
材料は、もちろん自社山林の杉と桧です!
土台・柱は12cm角の桧で、土台材は防蟻防腐剤を加圧注入しています。(うっすらグリーン色)
梁や桁は杉を使用しています。

c0220930_18020805.jpg
自社山林の杉・桧を自社工場でプレカット(事前に工場でカットすること)して使用しています!
こんな複雑な継手・仕口で、木と木を繋いだり組んだりして、外れたり折れたりしないようにします。

c0220930_18020859.jpg
c0220930_18020802.jpg
今回、軒裏には白いボードを張らずに木を見せるので、こんな材料も使います!


c0220930_18020831.jpg

床や壁にも木をふんだんに使用して、住みやすく愛着のわく快適な空間を造り上げていきます!

これからどんどんカタチになっていきますので、乞うご期待ください。

以上


[PR]
by tochimou | 2016-04-27 18:31 | スギヒノキの平屋の家
庭とつながるリビングのある家①(地鎮祭)
桜の花びらが舞うおしゃれな季節が過ぎさろうとしておりますが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

4月中頃から始まった新築工事のご報告を致します!

ますは快晴の日に執り行いました、地鎮祭の様子から。

地鎮祭前に、土地に地縄(建物の大きさ、位置を地面に示します)を張りますが、この地縄が張られただけでもかなり想像と期待が膨らみます!

その地縄の中に、祭壇を建て、地鎮祭を執り行います。

地鎮祭の時は、祭壇の四隅に竹を立て注連縄(しめなわ)をはりますが、この竹を忌竹や斎竹(いみだけ)といいます。
土地にゆかりのある神様が祭壇に降臨して頂くのに、その場所が祓い清められた清浄な聖域であることを示しており、竹も榊(さかき)と同様に清浄な植物の一つとされているそうです。

地鎮祭に限らず、祭事の一つ一つの作法や道具に意味があり、そんなことを事を考えると毎回緊張しきりです。


c0220930_19095895.jpg


c0220930_19100149.jpg

邪気を祓ってくれるいい風もふき、無事に地鎮祭を執り行うことが出来ました。

お忙しい中、ご出席頂きましたお施主様のためにも、いいお住まいを造ります!


工事進捗状況としては、現在、外構の土留工事真っ最中です。
そちらも次回ご報告致しますので、乞うご期待ください♫

以上



[PR]
by tochimou | 2016-04-24 15:18 | 庭とつながるリビングのある家
大屋根の本格和室の家⑪(外壁工事・板壁)
風も暖かくなり汗ばむ日も増えましたが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

大屋根の家では、外壁工事も順調に進んでおり、内部でも板壁や板天井の工事が進んでおります!

1階、2階と施工が進み、ベランダまできました。
色の濃い目のベランダがいいアクセントに!

c0220930_08110377.jpg

内部では床が貼り終わり、板壁や天井の施工が始まっています。

c0220930_08105482.jpg
スギ板壁も高さをどこまでにするかで印象が違ってきますが、今回は窓枠の下までで、穏やかな落ち着いた雰囲気になると思います。

キッチンの前にも施工します。木目溢れる空間に!

c0220930_08110460.jpg

お部屋によっては天井の一部にもスギ板を貼ります。
天然木を使うことで、クロスよりも調湿効果がありますので、より快適空間に!

c0220930_08110341.jpg
ちょっとしたスペースにニッチ収納を。
壁の厚みを利用した便利な収納です!

c0220930_08105452.jpg
今後は、玄関や和室の造作天井も造り込んでいきます。
完成時の玄関には、腰高の下駄箱や間接照明なども入ります。

どんどん生活がイメージできる空間になっていきますので、乞うご期待ください!

以上

[PR]
by tochimou | 2016-04-19 08:32 | 大屋根の本格和室の家
スギヒノキの平屋の家②(解体・土留、地鎮祭)
季節の変わり目を実感しているこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

ご報告が空いてしまいましたが、解体工事・仮住まい工事が完了し、敷地の地盤をあげる土留工事と進み、先日地鎮祭を執り行ました!

建替えなのですが、既存の一部を残し解体&残した部分を仮住まい工事を致しました。

c0220930_10323092.jpg
しっかり養生し、室内にトイレやキッチンを設置致しました。
丸い梁などがシートから見えており、建物の歴史を物語ってます!

c0220930_10325367.jpg
敷地北側に小さな川があるのですが、昨年の大雨時に若干水が上がったとの事で、地盤を1m近くあげるため、土留工事をしました。

既存の部分もうまく使い、しっかり工事していきます。

c0220930_10335329.jpg
c0220930_10332156.jpg
新しくできた地盤の完成です!
そして建物の位置を出し、地鎮祭になります。
c0220930_10345164.jpg
前日から朝まで雨模様だったのですが、開始時には雨も上がり、心地よい風が吹く中で地鎮祭を執り行うことが出来ました。

c0220930_10345150.jpg


c0220930_10345125.jpg
完成まではまだお時間頂きますが、建替え前以上に愛着のわく、末永く快適に暮らせるお住まいに致します!

お忙しい中、ご出席頂きましたお施主様、ありがとうございました。


以上

[PR]
by tochimou | 2016-04-13 10:53 | スギヒノキの平屋の家
大屋根の本格和室の家⑩(構造見学会)
新年度最初の月曜日ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

先日の2日3日に開催させて頂きました見学会の様子をご報告致します。

雨こそは降らなかったものの、曇り空で冷たい風も吹く中、ご来場頂きました皆様、お施主様、誠にありがとうございます!

今回のお住まいは、室内だけでなく、屋根やバルコニーの軒裏にも杉の無垢材を使用しており、玄関前に立った時の印象もご好評頂きました。

これから外壁材が施工されてくると、もっと雰囲気がよくなると思います!


c0220930_09090009.jpg

中々見ることのできない7寸(21cm)ヒノキ柱や大きな鴨居だけでなく、隠れてしまう所にも、もちろん栃木県産の4寸(12cm)桧柱や杉の梁・桁を使用しています!

土台の防蟻・防腐処理や床の下地材、また横揺れを防ぐ筋交いにも幅広のヒノキを使用したりと、材木だけではない、弊社のコダワリも見てもらうことが出来ました。


c0220930_09222387.jpg

また、お施主様の趣味の部屋があったり、ご高齢のお母様の部屋に専用トイレを設けたり、2階には屋根下の空いた部分を最大限に活用した収納部屋など、お施主様のご要望と弊社の提案が上手くマッチした使いやす間取りもご好評頂きました。

c0220930_09311927.jpg

今後は、玄関の杉格天井や造作下駄箱、漆喰の壁、杉板天井などどんどん雰囲気抜群の室内が出来上がってきます。

またご報告させて頂きますので乞うご期待ください!

このような見学会を開催させて頂きましてお施主様のご好意に感謝致します。
またご来場くださいました皆様、近隣の方々にも厚く御礼申し上げます。

今後共どうぞ宜しくお願い致します。

以上




[PR]
by tochimou | 2016-04-04 09:45 | 大屋根の本格和室の家