<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
大屋根の本格和室の家⑤(大工工事)
2月ももう終盤で、時の流れの早さに驚愕しているこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は、大工工事真っ最中の大屋根の本格和室の家、工事状況をご報告致します。

建て方から棟上げまでは大工の人数も多く入るのですが、現在は親子2人の大工で工事中です。


c0220930_08503298.jpg

どんどん家のカタチになってきました!

↓こちらが屋根瓦の下地です。
灰色の部分がゴムアスルーフィングという防水性に優れた材料です!
ここで、雨水が屋根裏に入るのをしっかりと防ぎます。

この上に瓦が施工されます。
瓦も一枚一枚専用の釘でさん木に止めていきます。
昔は、瓦もところどころしか釘で止めておらず、大きな地震ではずれたりしたのですが、今では
その心配はありません!



c0220930_08503217.jpg
↓軒裏部分です。
軒裏もしっかり見せますので、通常よりも大きく張り出します。
そのため、太い垂木で軒先まで伸ばし屋根の荷重を支えます!

こういった見せる部分は、製材工場で節のない部分を選別し使用しています

c0220930_08503236.jpg

写真↓中央の紙で覆われている部分は、和室の差し鴨居です。
ここに造作の杉建具が入り、綺麗な鴨居が見え、凛とした雰囲気に仕上がる予定です!


c0220930_08503292.jpg


c0220930_08503260.jpg
今後は、1階の床下地工事や、断熱材などの施工になってきます。
また外壁や屋根工事も進んでいきます。

完成時には隠れてしまう部分ですが、建物として重要な部分です!
乞うご期待ください。

以上







[PR]
by tochimou | 2016-02-26 09:34 | 大屋根の本格和室の家
完成間近の新築工事
昨日の日中は普段より寒いようなと…思ったら雪が!の本日ですが、皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?

今日は、完成間近の新築工事のご報告を致します。

部屋数も多く、今までの照明器具の移設やお部屋ごとにクロス、床材を変えるなどお施主様のコダワリ満載の住宅です!
(電気工事中で、暗い画像が多いですが…。)

こちらがLDKです。
奥のタイル調のクロスはすごくリアルな質感です!
パッと目を惹きつけるアクセントになっています。


c0220930_08261772.jpg

こちらが今までもお使いだった照明を新居に移設しました!
使いたくなるのも納得のいいカタチで雰囲気抜群です。

c0220930_08552383.jpg
2階のお部屋は壁、天井の柄を替え、シックなイメージに。

天井の梁もクリア塗装ではなく、ブラウン塗装で仕上げています!

c0220930_08261821.jpg

杉板壁のお部屋です。

c0220930_08261683.jpg
こちらは純和風のとても凝ったお部屋です!

まだ畳は入っていませんが、天井は杉板の竿縁天井に本格的な床の間!
縁側も設けております。天井も高く、とても落ち着く空間です。


c0220930_08330884.jpg


c0220930_08261835.jpg


c0220930_08261841.jpg


色々見どころ満載なのですが、最後に桧の柱を束ねた腰掛けスペース。
棚にもなって、あると便利なアイデア造作家具です!


c0220930_08422819.jpg

画像が薄暗く、実際の良さを伝えきれていなく大変申し訳ないのですが…。
天井の梁材もブラウン塗装で仕上げるとまた雰囲気がとても落ち着いた感じに…。と伝わればと思ったのですが…。


また、工事が進みましたらご報告致します!
乞うご期待ください。

以上

[PR]
by tochimou | 2016-02-25 08:54 | 建築
建替え工事の古材利用
インフルエンザがものすごくはやっていますが、皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?

今日は、古材再利用の新築建替え工事のご報告です。
弊社では、お客様のご希望で、年に数軒はこういった古材の再利用をおこなっています!

今まで住んでいた住宅は昔に移築もしたそうで、正確な築年数がわからないくらい(100年超え)だそうです!!
使われている材料も今では貴重な材も多く、また家系の歴史や思い出も詰まっているということで、新築時に再利用することに。

解体時に、解体業者に取っておく材を伝え、弊社の製材工場に持ってきてもらいました。

c0220930_09470249.jpg
c0220930_09470269.jpg
c0220930_09470221.jpg
c0220930_09470298.jpg
これで全部ではなく、あと4~5台あるそうです。

これがすべて使えるわけではなく、大きさや割れなどを確認し、また新築時の図面も見ながら、討していきます。

年月を重ねて乾燥し引き締まっているので、材料としてはとても硬く、加工は非常に神経を使うそうです。

画像で一本うねっている材は、天秤梁と言うものらしく、天秤の様に左右に屋根の重みをかけて、荷重を分散させる役割のものだそうです。
昔の職人の知恵と技術は本当にすごいと思います!

工事中の画像もアップしていく予定ですので、乞うご期待ください!


以上


[PR]
by tochimou | 2016-02-24 10:16 | 建替え工事の古材利用
大屋根の本格和室の家④(大工工事“建て方”)
一足早く日中の春眠の誘惑に負けそうになる毎日ですが、如何お過ごしでしょうか?

本日、大安晴れ日に大屋根の本格和室の家の建て方を行いました!

建て方とは、土台や柱、梁などの構造材を組み上げていく作業です。棟木という一番高いところの材を組む“棟上げ”までの作業をいいます。

c0220930_18080705.jpg

c0220930_18080657.jpg


土台と柱は4寸(12cm角)の桧を使用しています。
土台では、桧自体、シロアリや腐食に強いのですが、さらに体に害のない薬剤を加圧注入していますので安心◎です!


c0220930_18080741.jpg

今回、軒の裏も木を見せる仕様で、和室には差し鴨居や大黒柱なども入りますので、建て方での作業工程も複雑になります。大工の腕の見せどころです!


↓こちらが軒の裏に使われる化粧材(建てた後も見える材)です。
弊社の工場の方であらかじめ色味や木目などコメントを入れ、現場の大工さんが見栄えよく施工していきます。

このあたりの化粧材の選別や工場と現場の連携も、自社山林と自社工場を持つ強みだと思います!

c0220930_18080692.jpg
c0220930_18251956.jpg
数日、建て方が続きます!

哀愁の一枚です。
c0220930_18080660.jpg
これからどんどんカタチになっていきます。
またご報告致しますので、乞うご期待ください!

以上






[PR]
by tochimou | 2016-02-18 18:35 | 大屋根の本格和室の家
ログハウス改修工事中!①
天気予報通りの気温の急降下とちらつく雪に戸惑う一日でしたが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日はログハウスの改修工事の様子をご報告致します。

すでに着工から3ヶ月ほど経っているのでかなり進んでいるのですが、通常の住宅とは違った改修工事で、面白い仕上がりになっています!

工事内容としては、吹き抜けの一部を床にし、階段を移設。ガス暖炉を新設し、キッチンなど住設の交換、新しく扉をつけたりと、かなりの部分に手を入れまます。


一番目の引くのは大きなリビングのガス暖炉!

マントルピースと呼ばれる暖炉の装飾なのですが、こちらも弊社現場監督がデザインし造りました!
ルネッサーンス♫な雰囲気のマントルピースの上には鹿沼の深岩石をはり、一面を白く塗装しております。
ルネッサーンス♫

c0220930_18271709.jpg
2階から見るとこんな感じです。
ログハウスならではの急勾配の屋根なので、天井も高いです。


天然木と白い塗装の相性はとてもよく、使い続けると経年変化でますます味が出てくると思います!
照明もちょっとゴージャスなものに変え、さらに雰囲気満点のl空間になる予定です。

c0220930_18272719.jpg


居室も何部屋かあるのですが、その内の一部屋には和紙畳をひきました。

和紙畳は弊社のモデルハウスでも使用しているのですが、色合いが綺麗で踏み心地◎でとても丈夫です!
ちなみにモデルハウスでは、ダークブラウンの織りが見えるようなタイプを使用しています。


c0220930_18392683.jpg


そして弊社の山の木を使った造作建具のご紹介!
ものすごく手がこんでます。

天然木ならではの色むらと質感、通気できるようルーバーになっています。


c0220930_18393301.jpg


c0220930_18393662.jpg

まだ電気工事も途中で薄暗い中でのフラッシュ撮影+未熟なカメラさばきで、雰囲気の良さが伝わらず申し訳ありません…。

ちょっと離れた現場なので、次回のご紹介がいつになるかは未定ですが、乞うご期待!!

以上 


[PR]
by tochimou | 2016-02-15 19:00 | ログハウス改装工事
大屋根の本格和室の家③(基礎工事中)
立春は過ぎましたが、まだまだ肌寒い日が続いております。
皆様、如何お過ごしでしょうか?

と、書き出しましたが、今年の立春が2月4日から2月18日までの期間を指すことを
初めて知りました…。

今日は、工事中の大屋根の家のご報告です。

ちゃんと規定の鉄筋が組まれているかの配筋検査が終了し、基礎の立ち上がり部分の
生コン打説も完了しました。現在養生期間中です。

冬場は、夏場よりも若干長めに養生期間をとり、強度が出るのを待ちます!


c0220930_08192276.jpg
c0220930_08192284.jpg

基礎立ち上がり部分の幅は、4寸角(12cm角)の土台がのるので、15cmで施工しています!

土台だけでなく、柱も4寸角(12cm角)の自社山林 桧材使用しますので、また木材が組みあがって
くると迫力が違います!!

ちなみに桁・梁などは自社山林の杉材使用します。

下画像の木枠で組まれた部分は、二階のバルコニーや1階の屋根を支える柱がのる部分です。

屋根も大きく張り出しますので、軒裏の木も雰囲気ある感じに仕上がると思います。
夏場の暑い日差しも遮り、快適な空間に!

c0220930_08253657.jpg


哀愁溢れる、日の入りです。
c0220930_08250210.jpg

しっかりとした基礎が出来上がった次は、大工さんの仕事が始まります!
またご報告致しますので、乞うご期待!

***************

もう一点ご案内ですが、弊社の栃木IC近くの平屋モデルハウスの展示があと少しで終了致します。

こちらも自社山林の杉・桧をふんだんに使用し、随所に格天井、漆喰壁、深石石なども取り入れた本格平屋
です。
使いやすい間取りも好評ですので、気になっている方はぜひお早めにご覧下さい!

二階建ての方は引き続き見学可能なのです。
■モデルハウス 平屋と2階建て(隣接しています)
 栃木市吹上町1630-7
 平日10時~15時、土日9時~4時

㈱栃毛木材工業
電話:0289-84-0036
 HP www.tochimou.jp/
 mail info@tochimou.jp

開場時間以外のご見学や、詳しいご説明などご希望の方は、お気軽にお問合わせください。
また2階建てモデルハウスの販売もしております!
家具やTVやカーテンもついてますので、ぜひっ!!

c0220930_18140533.jpg


以上 



[PR]
by tochimou | 2016-02-08 08:54 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家②(基礎工事中)
どんより曇空が続いていますが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は、大屋根の家の工事状況のご報告です。

地鎮祭が執り行われた後は、地盤の硬さを調査し、土を掘り下げ、砕石を敷き固め、防水シートを引き詰めて、
その上に鉄筋を組み上げます。
現在、この鉄筋を組み上げている最中です。

周りを囲っているの木は丁張りといい、建物の位置や基礎の高さや直角などを正確に出すための、
大事な部分です。
杭がしっかりと地に入るよう、弊社の製材工場で加工した硬い桧の杭を使用しています!
ちょっとしたこ事ですが…。

この状態になると、あとは鉄筋が偏ったりしていないか、継手部分は補強の鉄筋がきちっと入っているかなどの
第三者機関の検査を受け、合格したらコンクリート打設になります。

このコンクリートがまた繊細な材料で、外気温や季節を考慮して、強度やら柔らかさやらを指定します。
このコンクリートを建物の下全面に流し込むのが、ベタ基礎と呼ばれる仕様です。

地震等の揺れに強く、現在の主流になっています。


c0220930_16492426.jpg
弊社の工事看板もご紹介します。
ビタミンカラーのオレンジ!

c0220930_16492409.jpg

今後も工事の進行状況をご報告致します。
乞うご期待ください!

弊社のモデルハウスも栃木インター近くで営業しております。
栃木県産の木をふんだんに使用し、色々な木の使い方をご提案しています。
気になる方はぜひ!

㈱栃毛木材工業
電話:0289-84-0036
 HP www.tochimou.jp/
 mail info@tochimou.jp

モデルハウス 平屋と2階建て(隣接しています)
 栃木市吹上町1630-7
 平日10時~15時、土日9時~4時
締めていることもございますので、ご連絡頂けると確実です。
また時間外でも栃毛木材ののぼり旗が立っているときは営業しています!

お気軽にお問合わせください。

以上








[PR]
by tochimou | 2016-02-01 17:35 | 大屋根の本格和室の家