<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
基礎についてのお話
こんにちは。



関東は梅雨明けしたようです。




梅雨明けしたと同時に物凄い暑さです。




今日は基礎について少しお話します。


基礎が建物にとって大切である。

ということはわかっても具体的な理由はよくわかりませんね。

基礎には、建物そのものが持つ重さ(これを自重と言います)に耐えられ、そして、その自重を地盤にしっかりと伝える役割があります。


  それと同時に、地震など建物に上下左右の大きな力が加わったとき、建物がしっかりと踏ん張れるような構造である必要があります。



c0220930_9452865.jpg


建物を支えると言っても、地盤が弱ければ、いくらしっかりした基礎を造っても建物は沈んでいきます。



そのためには、その土地の地盤の強さ(地耐力)が建物の重さよりも強くなければなりません。



そのためには建物が持つ重さ(自重)を知り、その土地の地盤の強さ(地耐力)を知らなければ基礎を計画することはできません。

そして、建物の重さよりも地盤の方が弱ければ、しっかりと支えられる強い地盤まで杭を打つ、といった地盤補強工事も必要になってきます。


一般的には、木造住宅の場合の重さは2階建て程度であればいくら程度という推測値があり、どのような木造住宅を建ててもあまり大きく変わりませんから、地盤調査を行って地盤の重さを知れば布基礎でいいのか、べた基礎が必要なのか、あるいは地盤補強が必要なのかといったことは容易に推定することができます。


  ということは地盤調査はこの敷地ではどんな構造の基礎が良いのかということを判断するもう一方の大きな指標なのです。


もう一つの目的である、地震などのときにしっかりと踏ん張れる基礎である必要があります。


そのためには、基礎に鉄筋を入れ、その鉄筋をコンクリートで囲って一体化する鉄筋コンクリート造の基礎を造る必要があります。


そのため、建築基準法では、どのような鉄筋を用い、どのようにコンクリートを打ち、どのように基礎にする必要があるのかといった基礎の構造に関することがらを細かく規定されています。



見た目やインテリアも重要ですが、住まいを支える裏方もとても重要です。



見えない基礎をしっかりやる事で安心した住まいになる事でしょう。
 
[PR]
by tochimou | 2013-07-08 10:40 | 建築
木材利用ポイント
こんにちは。


今日は木材利用ポイントについてお話します。


林野庁が行う事業で、木材の活用の促進などを目的とした「木材利用ポイント」の申請が始まりました。

 「木材利用ポイント」は、


木材を使った住宅や家具及び木質ペレットストーブ・薪ストーブなどを購入するとその金額などに応じて最大30万ポイントが与えられます。


ポイントは1ポイント1円相当の商品券や地域の農林水産品に交換することが可能で、来年3月末までに工事を着工したものや購入した分が対象となる予定です。



予算には限りがあるようなので、ご注意ください。


c0220930_1191123.jpg





詳しいことは林野庁のHPに載っています。



分からなければ、当社にも担当がいますのでお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by tochimou | 2013-07-03 11:23 | 建築