カテゴリ:和瓦の平屋住宅( 3 )
和瓦の平屋住宅③(完成!)
残寒なお厳しく打ち拉がれるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

昨年末にはお引渡しをしたこちらのお住まいの完成を満を持してのご報告です!

玄関を入ると壮観な風景が広がります!
格天井も深く造り、より玉目の存在感を引き出します。
漆喰の壁と桧の床も相まって凛とする空間に!

c0220930_16265098.jpg
c0220930_15591120.jpg
c0220930_15595480.jpg
こちらはお施主様のお父様の代に腕利きの建具職人に造らせた千本格子を再利用しました。

どこかに使いたいという事で、壁に埋めて玄関の主役にしました。
c0220930_15591010.jpg
c0220930_15591131.jpg

続きましてリビングの天井です!
古民家の天井でも希に見ることの出来る仕上げを採用してみました。

頭上に迫力のある木目があるというのはとても新鮮な感覚です!
c0220930_15594042.jpg
c0220930_15594011.jpg
幅広の杉板のサイドには、玄関の格天井でも使用した玉目を配置。
木目の共演!
ずっと眺めていられる組み合わせです。
c0220930_15594007.jpg
床の間のある和室です。
京壁にい草畳、障子、杉の竿縁天井、杉の床柱と統一感◎な落ち着く空間です。

c0220930_15595584.jpg
c0220930_15595545.jpg
トイレも1.5帖と広くとりカウンター板を設け、ゆっくり寛げるスペースに。
c0220930_15595495.jpg
居室もリラックスして寝起きできるように、杉の腰板を巡らせ、梁見せ天井で仕上げました。
c0220930_15595444.jpg
お施主様にも壮観な出来映えに喜んで頂きました!
色々ご協力頂きましたお施主様に感謝致します。

今後共、末永いお付き合いの程どうぞ宜しくお願い致します。

以上

[PR]
by tochimou | 2018-02-14 16:32 | 和瓦の平屋住宅
和瓦の平屋住宅②(大工工事)
着々と秋のかほり漂うこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

こちらの現場は大工の手加工の造作物が多く、予定より少し遅れておりますが、着々と進行しております!

玄関ホールには本格的な格天井を施します。
足場を作り現場で寸法を合わせ加工していきます。

綺麗な直角が出ないとカッコつかないので、細かな作業は大工の腕の見せどころ!

c0220930_12561513.jpg

c0220930_12561576.jpg
c0220930_12561471.jpg
そして、格天井が組み上がると…
c0220930_12562602.jpg
c0220930_12562590.jpg

c0220930_13000924.jpg
玄関も広いので、奥行のある格天井にしております。
趣のある木目に圧倒されます!

床の間のある客間の天井は、竿縁天井で。
床の間や玄関ホールとの調和も考慮し、大工の考えも取り入れ造作していきます!
c0220930_12562523.jpg

こちらの和室は京壁で仕上げます。
漆喰の下地は通常の石膏ボードですが、もっと厚く塗る居壁では石膏ラスボードという凹凸加工されたものを使用します。

漆喰は消石灰が主原料ですが、京壁は土/砂を使用し穏やかながら独特の質感を演出します!

c0220930_12562487.jpg
各居室では、腰までの杉板仕様で、石膏ボード貼りまで進みました。
c0220930_12562559.jpg
元々のお住まいで使っていた千本格子建具も別な場所に使用する予定です!
お施主様のお父様お気に入りの一品だったとのことで、さすが造りが丁寧です。
c0220930_12562557.jpg
c0220930_13175908.jpg
外回りは犬走りの土間コンクリートを残しほぼ完成です。
c0220930_12562609.jpg
c0220930_12561433.jpg
今後は、室内の漆喰壁、京壁の左官工事、建具工事、クロス工事、照明工事と進でいきます。完成まであと少し!

乞うご期待下さい!

以上 


[PR]
by tochimou | 2017-09-18 13:21 | 和瓦の平屋住宅
和瓦の平屋住宅①(解体工事、大工工事、吹付け断熱)
台風が猛威を振るうこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

少し前から着工しておりました平屋住宅のご報告!
今回は古民家の建替え工事です。

先祖代々のお住まいですので、解体時にはお祓いも致しました。
水回りや各部屋だけでなく、一緒に解体する土蔵や伐採する木々、整地する土地にも神主がお祓いをして周ります。


c0220930_18283027.jpg

c0220930_18282971.jpg
c0220930_18283086.jpg
お祓いが終わると解体工事がはじまります!
昔は屋根裏で養蚕業をされていたとの事で十分な広さがあります。
屋根の防水には杉皮を使用しているようです。
またいい雰囲気にいぶされています。
壁は、竹の下地に藁と土を使用していました!
昔の住宅や蔵にはよく使用されていて、湿度調節に非常に優れていたようです。
c0220930_18284239.jpg
この千本格子の建具は、お施主様のお父様が職人に造らせた一品!
新しいお住まいでも加工して使用する予定です。

c0220930_18284258.jpg
そして写真は飛んでしまいますが、地鎮祭、基礎工事、建て方と進みます。

ちなみに、今回使用している構造材は、佐野の秋山という地域から切り出した杉・桧を使用しています!
同じ山の杉・桧を使用することで品質に偏りをなくし、より永くお住まい頂ける様にしております。自社山林、自社工場をもつ強味だと思います。

c0220930_18290451.jpg
今回はお施主様のご希望で、グラスウール断熱材よりも性能数値の高い、吹付け断熱を採用しました。
グラスウール断熱とは違い、天井の通気層など色々な部材も施工していきます。
c0220930_18290419.jpg
c0220930_18291526.jpg
天井が170mm、壁は80mm、床は水発泡系断熱材で施工していきます。

屋根は瓦ですが、今回は趣のある和瓦で施工しました。
どしっとした日本家屋には似合います!

玄関やキッチン脇の庇も、雰囲気を合わせ化粧垂木で造り上げました。
c0220930_18293350.jpg

c0220930_18291559.jpg

c0220930_18291469.jpg

c0220930_18290495.jpg


c0220930_18294235.jpg
c0220930_18295186.jpg
室内でも造作板戸の入る3本引きの鴨居や7寸角化粧柱は、光沢のあるほのかな薄紅色が綺麗な桧を使用しました!
また床柱は、木目の通った杉を使用しました。
c0220930_18295260.jpg
c0220930_18295022.jpg
c0220930_18295140.jpg
この後は天井の造作など大工工事、漆喰壁/京壁の左官工事が進んでいきます。
色々な箇所でお施主様と弊社のコダワリを入れていきますので、ぜひご期待下さい!

*****************************

こちらの建物ではありませんが、8月26-27-28日に完成見学会を開催致します。
2世帯住宅でまた違ったコダワリをふんだんに取り入れていますので、ぜひご体感下さい!

場所は、栃木市都賀町家中で家中駅の南側です。
日が近くなりましたら、詳細をご報告致します。

ご案内状ご希望の方は、お気軽にお電話/メールにてお申し付け下さい!

0289-84-0036
info@tochimou.jp

ぜひお待ちしております!

以上


[PR]
by tochimou | 2017-08-08 19:25 | 和瓦の平屋住宅