カテゴリ:ゆったりな二階のある家( 4 )
ゆったりな二階のある家④(完成!)
アッツアツな毎日ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

ゆったりな二階のおうちも無事完成いたしました!

外観はシックなグレーの外壁に瓦屋根、風が強い日も多いとの事で玄関前には壁と屋根を設けました。


c0220930_18363845.jpg
リビングの天井は梁を見せ、一面に杉の板壁を設けました。
キッチンはタカラスタンダードの調味料入れ付きのタイプです。
c0220930_18363790.jpg
c0220930_18363899.jpg
リビングのお仏壇置き場は、杉のカウンターと板扉で造りました。
c0220930_18363887.jpg

壁の中の柱も見えている柱も全て桧なのですが、見せる柱はカンナがけをした化粧柱を使用し、綺麗な光沢を出します!
時間とともに深い色合いになっていきます。
c0220930_18364821.jpg
キッチンの背面には、大きめな土間収納を設けました。
そのまま後ろの勝手口から出られるようになっています。
c0220930_18371593.jpg
お施主様のご希望で、リビング階段と階段下収納の部分に引き戸を設けました。
c0220930_18364751.jpg
c0220930_18364763.jpg
客間にはアクセントのピンクのクロス!
縁側も設け桧の丸柱もいいアクセントになっています。
c0220930_18363842.jpg
洗面脱衣室の壁は杉の板壁で湿度調節を!
c0220930_18364891.jpg
トイレにも杉の板壁と、存在感のある天井クロス!
c0220930_18364841.jpg
2階に行きますとゆったりホールが広がります!
梁見せ天井のセカンドリビングのような、これからの生活様式に合わせ色々な使い方ができます。

杉板のカウンターの上には、陶器の洗面ボールが設置予定です。
c0220930_18370690.jpg
c0220930_18421115.jpg
主寝室は爽やかテイスト!
ご主人様用、奥様用でそれぞれ2帖分の収納を設けました。
c0220930_18370556.jpg
c0220930_18370663.jpg
c0220930_18370651.jpg
居室に設けた板壁で、湿度調節とくつろぎ効果を。
c0220930_18370521.jpg
こちらはお施主様が探されてきた照明です!
インダストリアルなデザインで、影もかっこいい!
c0220930_18370678.jpg
c0220930_18370765.jpg
c0220930_18370584.jpg
奥行の深いインナーバルコニーには収納も設けました。
c0220930_18371625.jpg
母屋と同時進行で進めた車庫も完成です!
コストを抑えるため、中の壁は桧合板張り、天井も梁見せ、ルーフデッキ表しで仕上げています。

中は、車のスペースだけでなく、ご主人様の趣味のスペースも!
c0220930_18372851.jpg
c0220930_18372812.jpg
お施主様のご協力もあり、スムーズに工事も進めることが出来ました。
ブログ掲載にもご協力頂きありがとうございます!

これからも末永くお付き合いが続きますが、どうぞ宜しくお願い致します!

以上

[PR]
by tochimou | 2017-07-11 19:28 | ゆったりな二階のある家
ゆったりな二階のある家③(大工工事、外壁、内部工事)
梅雨の到来なこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

上棟式のご報告から、かなりあいてしまいましたが、こちらの現場もあと少しで完成です!

足早にアップしていきます…。

上棟式後は、外壁工事に入るために防水透湿シート張り、サイディングの下地材を施工していきます。


c0220930_08533908.jpg

c0220930_08533988.jpg
屋根は平板瓦で施工しました。
c0220930_08533943.jpg

c0220930_08533853.jpg
室内では、大工が断熱材や石膏ボードを張り進めていきます!
c0220930_08533937.jpg
今回はグレーがメイン色で、玄関前を濃い色で施工してきます。
一枚一枚下地にとめていきます。
c0220930_09052539.jpg
室内の板壁施工の様子です。
杉板の木目を見ながら、大工のセンスで施工していきます!
c0220930_09023353.jpg
c0220930_09041699.jpg
畳部屋が一部屋あるので、桧の丸柱で曲線を取り入れました!
c0220930_09041590.jpg
外壁が張り終わると、つなぎ目のコーキング、屋根部分の板金工事、樋工事を進みます。ここまで進むと足場を解体します。
c0220930_09114817.jpg
こちらはキッチン背面の収納庫。壁は板張りにしました。
床をコンクリ土間にしたので、キッチンゴミ置き場にも。
棚板の幅は、予め入れる物を想定して決めていきます。

c0220930_09110281.jpg
大工の室内工事があらかたになると、クロスなど仕上げ工事に入ります。
皆様悩まれるクロス選び!
お部屋ごとに雰囲気が変わりますが、こちらのお部屋は爽やかなストライプ!

c0220930_09111359.jpg
トイレは杉の板壁と相性◎な賑やかなクロスで。
c0220930_09111782.jpg
今回は敷地内の納屋なども一緒に解体しましたので、母屋の建て替えと一緒にガレージも新設しました。

出来るだけ予算を押え、車二台と収納部屋を設けるため、工場などでも使われる屋根:ルーフデッキと鉄板サイディングで造りました。

ルーフデッキは軽い金属屋根なので、内部は大きな杉の梁で広い空間を作りました。


c0220930_09194822.jpg
c0220930_09023227.jpg
もう少しで完成ですので、乞うご期待!

以上

[PR]
by tochimou | 2017-06-21 09:25 | ゆったりな二階のある家
ゆったりな二階のある家②(基礎、大工、屋根、上棟式)
春眠に襲われるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

ゆったり二階の家も先日無事に上棟を迎えました!

前回のご報告は地盤改良まででしたが、その後、基礎工事がはじまります。

鉄筋を組んだ所で、配筋検査という第三者機関に、鉄筋の間隔や太さ、量、コーナーの鉄筋の組み方等のチェックを受けます。

これに合格すると、コンクリート打設に入ります。
c0220930_11124767.jpg

c0220930_11124788.jpg
一回目はベタ基礎の平面部分のコンクリート打設をし、その後、立ち上がり部分を打ち、コンクリートの強度がでるまで養生期間をとります。

c0220930_11125957.jpg

c0220930_11125995.jpg
今回は一緒にガレージも作るため、同時にこちらも工事を進めます。
こちらは布基礎で、土台が回る部分のみ基礎を造っていきます。

c0220930_11124771.jpg

c0220930_11125848.jpg
そして枠をばらすと、大工工事がはじまります。
屋根が掛かるまでは、大工の人数を増やし、手際よく進めていきます。

画像は瓦屋根工事の初日、瓦職人が屋根に瓦等を上げるためにはしごを組んでいるところです。

c0220930_11133067.jpg
お施主様のご都合と、日の良い日を選び上棟式を行います。
上棟式では、棟が上がったことの感謝と工事の安全を祈願しますので、棟梁が祝詞をあげます!

また四隅にお餅を備え、お酒・お米・塩をまき、天地四方の神を拝みます。
この時祭壇にあげた棟礼は、屋根裏の棟木にとめます。

c0220930_11133195.jpg
c0220930_11133253.jpg
画像の梁は化粧梁で、完成後も見えてきます。
横の溝に天井下地ボードを差込み、木の収縮にも隙間が出来にくいようしています!
c0220930_11133110.jpg
c0220930_11133290.jpg
土台、柱は桧を使用し、梁桁は杉と構造材は栃木県の無垢材を使用します!

土台や屋根の瓦桟が少し緑なのは、防腐剤を加圧注入した材を使用しています。
塗るだけよりも、木材の中まで浸透させます!

末長く安心してお住まい頂くために、屋根の下地材も無垢材を使用したり、瓦桟と防水シートの間にも空間を設けるようにし、万が一の雨水の侵入に備えます!

c0220930_11133144.jpg

c0220930_11133281.jpg
c0220930_11133248.jpg
今後は、大工工事が進み、天井などを組んでいきます。
段々と部屋の感じが出てきます!

乞うご期待下さい!

以上 


[PR]
by tochimou | 2017-03-20 11:42 | ゆったりな二階のある家
ゆったりなニ階のある家①(地鎮祭、地盤改良)
雨の降らない乾燥した鹿沼市ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

本日も先日から工事の始まった現場をご紹介致します!

建替えでのご新築ですが、敷地内の年期の入った納屋等も一緒に解体し、ガレージも一緒に建築する予定です。

昔からのお住まいなので、お施主様のご希望で解体時にお祓いも致しました。
今までの先祖様への感謝の気持ちと、これからの工事の無事進行を祈って、各部屋を周り、お酒などをまきます。

c0220930_15321837.jpg

c0220930_15321867.jpg
そして解体後に、地縄をはり地鎮祭を行います。
この時に、建物の位置や、高さを最終決定します。

c0220930_15323030.jpg
c0220930_15323186.jpg
今回、地盤調査の結果で、硬い層(支持層)が地表より10m位まで行かないとないとのことで、地盤改良が必要となってしまいました。

長い鋼管を支持層まで埋めていき、地盤沈下を防ぎます。
地盤の

c0220930_15324118.jpg

c0220930_15324115.jpg

c0220930_15324153.jpg
しっかりとした地盤を作った後に、ベタ基礎工事がはじまります!


以上


[PR]
by tochimou | 2017-02-03 16:04 | ゆったりな二階のある家