カテゴリ:大屋根の本格和室の家( 14 )
大屋根の本格和室の家⑭(完成)+見学会のご案内
関東も梅雨入りし蒸してくるこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

大屋根の家もいよいよ完成を迎えることとなりました!

そして、今回お施主様のご好意で予約制の完成見学会も開催させて頂けることになりました。

明日6月11日と12日9:00~16:00 開催致します。
ぜひ、本物の木や漆喰の質感や雰囲気、居住性などをご体感して頂ければと思います!
ご規模の方は、お気軽にお問い合わせください。

info@tochimou.jp
0289-84-0036
*メールでのお問い合わせはお返事が遅くなる場合がございます。


少しだけ写真でも紹介いたします!

今回は、大きな屋根で建物をぐるりと囲っているのですが、その軒裏角の部分もしっかりとで作り上げました。

c0220930_20233977.jpg

玄関の雰囲気はこんな感じです。造作の格天井に照明、下駄箱、桧の床が広がります。
木目の美しい格式高い玄関です!

c0220930_20233995.jpg

造り込んだ本格和室も隣のリビングと繋がるようにし、普段でも開放的に使用できます。
そして木目の綺麗な杉造作板戸もしっくり納まりました。


c0220930_20233927.jpg


トイレの杉カウンターの手洗い器もいい色味です!


c0220930_20233988.jpg
わかりにくいですが、漆喰壁です。
コテの動きがわかる粗めの仕上げになっています。


c0220930_20335867.jpg

他にも色々見所満載です!
ぜひお待ち致しております。

ご見学の際は、手袋の着用と、素足の方は靴下の着用をお願いしております。
ご協力宜しくお願い致します。(手袋、靴下ともの弊社で準備しております。)

お気軽にお問い合わせください!

以上

[PR]
by tochimou | 2016-06-10 20:43 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑬(漆喰工事、電気工事)+見学会のご案内
汗ばむ季節の到来ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

ブログの更新が空いてしまいましたが、各現場天気にも恵まれまして、順調に進んでおります!

大屋根の家では、内部の仕上げ工事が進み、雰囲気が出てきました。

今回、お施主様のご好意で、完成内覧会を行なわせて頂けることになりました!
6月11-12日に完全予約制とさせて頂きます。(詳細はこのページの最後に!)


大工で貼ったボードの上に、漆喰やクロスを貼っていきます。
クロスの下地では、パテで凹凸をキレイに埋めています。

c0220930_10253332.jpg

漆喰も石膏ボードに塗っていきます。
こちらも下地塗りをして、本塗りに入っていきます。


c0220930_10253326.jpg

色も選べますが、粒の荒さも選べます。
そしてコテで様々な表情をつけていきます!
質感だけでなく、雰囲気もグッとでます。


c0220930_10225265.jpg

和室は、杉の天井にも相性抜群の京壁で仕上げていきます!
こちらもまだ下塗りの状態です。これから本塗りに入ります。

c0220930_10253295.jpg
畳部屋とリビングの仕切りに造作の扉が4枚入ります!
全て壁に引き込まれる扉ですので、実用的にも、木目の雰囲気も◎

c0220930_10225181.jpg

リビング前にもちゃんと下屋が出ますので、雰囲気も、日差し対策もばっちりです!

c0220930_10225280.jpg
玄関の下駄箱や、照明もこだわっていきます!
写真では伝わらない部分が多々ございますので、ぜひ完成内覧会で!

ご希望の方は、ご案内状をお送り致しますので、お気軽に下記アドレスよりお申し付けください。

info@tochimou.jp
(電話の場合 0289-84-0036)
大澤まで

開催日は6月11-12日の土日、鹿沼市で開催致します。
何かご不明な点等もお気軽にお申し付けください!

以上


[PR]
by tochimou | 2016-05-23 10:52 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑫(大工工事・塗装工事)
ぽかぽか陽気のGWも折り返しですが、皆様、満喫されてますでしょうか?

大工工事も終盤になり、板壁や造作天井もカタチになってきました。

玄関の格天井と作成中の下駄箱です!
漆喰壁や照明がつくと、もっと雰囲気満点に。
c0220930_08394420.jpg

和室の天井も本物の杉板で竿縁天井に。
同じ木からの部材を使用し造ります!


c0220930_08394414.jpg


壁の腰板もホールと居室では変えております!
同じ杉材ですが、雰囲気が違います♫

こちらがホールの幅広の腰板。
c0220930_08394445.jpg

リビングの腰板です。
和室とリビングの柱は5寸(15cm角)を使用して、より柱の存在感を出しております!

c0220930_08394479.jpg

そして、こういった天井や腰板、外部の木のところには、すべて塗装を施します!
これで、乾燥や水を防いだり、汚れを防ぎます。



今後は、電気や左官、内装などの仕上げ工事に進んでいきます。

お施主様のご希望と、弊社の提案が入り混じった仕上げになるかと思います!
乞うご期待ください!

以上



[PR]
by tochimou | 2016-05-03 08:55 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑪(外壁工事・板壁)
風も暖かくなり汗ばむ日も増えましたが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

大屋根の家では、外壁工事も順調に進んでおり、内部でも板壁や板天井の工事が進んでおります!

1階、2階と施工が進み、ベランダまできました。
色の濃い目のベランダがいいアクセントに!

c0220930_08110377.jpg

内部では床が貼り終わり、板壁や天井の施工が始まっています。

c0220930_08105482.jpg
スギ板壁も高さをどこまでにするかで印象が違ってきますが、今回は窓枠の下までで、穏やかな落ち着いた雰囲気になると思います。

キッチンの前にも施工します。木目溢れる空間に!

c0220930_08110460.jpg

お部屋によっては天井の一部にもスギ板を貼ります。
天然木を使うことで、クロスよりも調湿効果がありますので、より快適空間に!

c0220930_08110341.jpg
ちょっとしたスペースにニッチ収納を。
壁の厚みを利用した便利な収納です!

c0220930_08105452.jpg
今後は、玄関や和室の造作天井も造り込んでいきます。
完成時の玄関には、腰高の下駄箱や間接照明なども入ります。

どんどん生活がイメージできる空間になっていきますので、乞うご期待ください!

以上

[PR]
by tochimou | 2016-04-19 08:32 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑩(構造見学会)
新年度最初の月曜日ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

先日の2日3日に開催させて頂きました見学会の様子をご報告致します。

雨こそは降らなかったものの、曇り空で冷たい風も吹く中、ご来場頂きました皆様、お施主様、誠にありがとうございます!

今回のお住まいは、室内だけでなく、屋根やバルコニーの軒裏にも杉の無垢材を使用しており、玄関前に立った時の印象もご好評頂きました。

これから外壁材が施工されてくると、もっと雰囲気がよくなると思います!


c0220930_09090009.jpg

中々見ることのできない7寸(21cm)ヒノキ柱や大きな鴨居だけでなく、隠れてしまう所にも、もちろん栃木県産の4寸(12cm)桧柱や杉の梁・桁を使用しています!

土台の防蟻・防腐処理や床の下地材、また横揺れを防ぐ筋交いにも幅広のヒノキを使用したりと、材木だけではない、弊社のコダワリも見てもらうことが出来ました。


c0220930_09222387.jpg

また、お施主様の趣味の部屋があったり、ご高齢のお母様の部屋に専用トイレを設けたり、2階には屋根下の空いた部分を最大限に活用した収納部屋など、お施主様のご要望と弊社の提案が上手くマッチした使いやす間取りもご好評頂きました。

c0220930_09311927.jpg

今後は、玄関の杉格天井や造作下駄箱、漆喰の壁、杉板天井などどんどん雰囲気抜群の室内が出来上がってきます。

またご報告させて頂きますので乞うご期待ください!

このような見学会を開催させて頂きましてお施主様のご好意に感謝致します。
またご来場くださいました皆様、近隣の方々にも厚く御礼申し上げます。

今後共どうぞ宜しくお願い致します。

以上




[PR]
by tochimou | 2016-04-04 09:45 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑨(断熱材・外壁・大工工事)+見学会のご案内
春うららかなこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

いよいよ今週の土日2日3日に お施主様のご厚意により見学会を開催させて頂きます!
桜を見に出かける途中でもぜひお立ち寄りください♫

現在の工事の進行状況をご報告致します。

今回は通常の構造見学会よりも、工事が進んだ状態をご覧頂けます。

柱や梁などの骨組みだけでなく、断熱材や床材、階段、天井の組み方、外壁工事や、軒裏、屋根裏などもバッチリ見れます!



c0220930_09054076.jpg

綺麗な桧の柱や鴨居だけでなく、天井の断熱材や、屋根の下地の組み方も見れます。

断熱材も次世代省エネ基準をクリアする高性能グラスウールで施工しています!
夏の暑い日差しも、冬の寒い風もしっかり防ぎます。


c0220930_09091929.jpg

屋根裏収納部分も工事進行中です!


c0220930_09093328.jpg
1階と2階の間には、配管も入ります。

c0220930_09091930.jpg
外壁も施工中。
縦の下地材に金具を付け、外壁材を施工していきます。
壁と外壁材の間には通気層を設け、外気の影響を受けにくく湿気がこもらいないようにしています。


c0220930_09091984.jpg

見学会ではこういった工事の進行途中をじっくりとご覧頂けます!
そして、県産材100%の木材と、目につくところには綺麗で迫力のある桧や杉も使用していますので、こちらもぜひご確認ください!

■構造見学会
■日時 2016年4月2日 3日  9:00~16:00


ぜひ皆様のご来場お待ち致しております。

以上



[PR]
by tochimou | 2016-03-31 09:27 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑧(上棟式、サッシ工事)+見学会のご案内
ポカポカ陽気の小春日和が続きますが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は、先日執り行いました上棟式の様子をご報告致します!

地鎮祭では、神主様が主導ですが、上棟式では大工主導で執り行います。

また事前にお施主様には、棟礼(棟に取り付ける札)に、“天長地久”とお施主様の名や建築会社、基礎、大工の名を書いてもらい、当日祭壇に掲げます。

棟梁が祝詞(のりと)を奏上し拝礼、それに続きお施主様及び参列者が拝礼します!



c0220930_08242177.jpg

その後、大工が四方がための義を行います。
建物の四隅に酒、塩、米などを散じ、木槌で打ちます。
厳かないい音が響きます!


c0220930_08371796.jpg

その後、お神酒を頂き、弊社社長の木材の説明(今回も全て栃木県産材なので、伐採地の説明と材木小話)をさせて頂き、3本締めで終了です。

無事スムーズに執り行うことができました。

今後の工事も安全にスムーズに進み、いいお住まいが完成することと思います!!

お施主様もお忙しい中お時間を作って頂き、また色々お気遣いをして頂き、誠にありがとうございます!


そして、今回、お施主様のご好意で構造見学会を開催させて頂くことになりました。


c0220930_08243525.jpg

今回は工事の進行具合もあり、構造だけでなく、建物の丈夫さを決める木の使い方や、長く使えるようにしっかりとした床の下地や快適なヒノキと杉の床、外気との熱の行き来を防ぐ高性能断熱材、外壁下地など完成時には隠れてしまう部分がご覧頂けると思います!!

現段階では、天井・壁の断熱工事、ユニットバスの取り付け工事など進行中です。

c0220930_08243500.jpg
c0220930_08243502.jpg


c0220930_08243570.jpg

見学会のチラシを御希望の方は、お気軽にお問合わせください!


㈱栃毛木材工業
info@tochimou.jp
電話:0289-84-0036

また、同じ日に弊社の栃木市吹上町モデルハウスでも見学会を開催致します。
ぜひ合わせてご覧頂ければと思います。

同じヒノキ、杉でも色々見せ方、魅せ方にこだわり、遊び心を持って設計したモデルハウスです!
車2台のインナーガレージで、家事も育児もしやすく、家族のコミュニケーションが取りやすい間取りです。


c0220930_09192354.jpg

場所;栃木市吹上町1630-7(コメリ大森店の南側、県道沿い)
ぜひお待ちしております!

以上




[PR]
by tochimou | 2016-03-18 09:28 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑦(瓦工事・大工工事)+見学会のご案内
雪がちらつく鹿沼市ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?
外出の際は、どうぞお気をつけください!

大屋根の家も瓦葺きがほぼ終わり、大工工事真っ只中です!

また外周の透湿防水シート張りも終わりました。
この白いシートは、外からの湿気や水分を躯体内に通さず、躯体内湿気を外に放出するすぐれものです。


c0220930_08474027.jpg
フラットの平板三州瓦を使用しましたので、シャープで凛とした雰囲気になります!
瓦一枚一枚、縁の役物なども全て専用金具等で下地に固定します。

(よく建築材で、"役物"と言いますが、瓦やタイル、ブロックなどで一般的な形でないもの、コーナー部材や隅・袖瓦などをいいます。)

袖瓦が乗っている木肌が見えているところが破風と呼ばれ、今回はここを板金で覆います。
ここの色でも建物の雰囲気がガラッと変わってきます!

同色にすることが多いですが、モダンな印象にするために赤色を使用する場合もあります。
そして、ツンツンと立っているのが、雪止めです。

c0220930_08472113.jpg

そして建物内部は、床下地材24mm桧合板が張られ、天井の下地などに突入しています!
弊社では1階の床は根太工法、2階は根太レス工法で施工しています。

色が変わっている根太材(他に土台、大引)は防蟻処理がされた桧を使用!

その根太間に高性能床断熱材が入り、その上に24mmの桧合板、さらにその上に床材(24mm杉無垢材)または畳が入ります!

昔の根太工法では、根太材の上に直に床材が施工されていたので、どうしても年数が経つとペコペコしてきたのですが、弊社ではしっかりと下地が入るので心配ありませんっ!
(ちなみにこの桧合板も弊社の山の桧を使用している県産品です。)


c0220930_09065716.jpg
c0220930_09065731.jpg
柱などはあらかじめ隠れる部分に“背割れ”を施し、柱の中心部まで乾燥させ、施工後の木材の動きを抑える工夫もしています。
“割れちゃった”のではなく、“割っている”んです!


c0220930_09293746.jpg

そしてそして、今回はお施主様のご好意で、4月2-3日の土日に構造見学会を開催させて頂くことになりました!!
ぜひ、実際に木の迫力、雰囲気や隠れてしまう構造をご堪能下さい!

自社山林と自社製材工場をもつ強みと、職人の技をぜひ!

場所は鹿沼市内です。
また詳細はご報告致します。


以上



[PR]
by tochimou | 2016-03-12 09:37 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑥(瓦工事)
春寸前なこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

大屋根の家も瓦工事に入りました!

大きな屋根の庇がお家をグルッと回りますので、かなり迫力があります!

今回は、三州瓦の中の平板瓦を使用しています。
和瓦のうねったデザインとは違い、凹凸があまりないタイプです。

大きな屋根でもすっきりと洗練されたデザインに仕上がります。

c0220930_17333598.jpg
c0220930_17333551.jpg

瓦の下に敷き詰めてあるゴムアスルーフィングという防水シートもきちっと上まで立ち上げ、
雨水の侵入を防ぎます!

c0220930_17333518.jpg

さらにこのルーフィングの下は、杉の無垢材を使用しています。
(下の画像の上部分です。解りづらいですが…。)
ここに合板を使用するところもありますが、やはり本物の木の方が湿度などにも強くいので、よりお住まいを長く守ってくれます。


c0220930_17485394.jpg

瓦も焼き物なので一枚一枚多少うねりなど違うのですが、そのあたりも見ながら職人が施工していきます。

c0220930_17333552.jpg
この後もどんどん工事が進んで行きますので乞うご期待ください!

以上 






[PR]
by tochimou | 2016-03-06 18:01 | 大屋根の本格和室の家
大屋根の本格和室の家⑤(大工工事)
2月ももう終盤で、時の流れの早さに驚愕しているこの頃ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は、大工工事真っ最中の大屋根の本格和室の家、工事状況をご報告致します。

建て方から棟上げまでは大工の人数も多く入るのですが、現在は親子2人の大工で工事中です。


c0220930_08503298.jpg

どんどん家のカタチになってきました!

↓こちらが屋根瓦の下地です。
灰色の部分がゴムアスルーフィングという防水性に優れた材料です!
ここで、雨水が屋根裏に入るのをしっかりと防ぎます。

この上に瓦が施工されます。
瓦も一枚一枚専用の釘でさん木に止めていきます。
昔は、瓦もところどころしか釘で止めておらず、大きな地震ではずれたりしたのですが、今では
その心配はありません!



c0220930_08503217.jpg
↓軒裏部分です。
軒裏もしっかり見せますので、通常よりも大きく張り出します。
そのため、太い垂木で軒先まで伸ばし屋根の荷重を支えます!

こういった見せる部分は、製材工場で節のない部分を選別し使用しています

c0220930_08503236.jpg

写真↓中央の紙で覆われている部分は、和室の差し鴨居です。
ここに造作の杉建具が入り、綺麗な鴨居が見え、凛とした雰囲気に仕上がる予定です!


c0220930_08503292.jpg


c0220930_08503260.jpg
今後は、1階の床下地工事や、断熱材などの施工になってきます。
また外壁や屋根工事も進んでいきます。

完成時には隠れてしまう部分ですが、建物として重要な部分です!
乞うご期待ください。

以上







[PR]
by tochimou | 2016-02-26 09:34 | 大屋根の本格和室の家